Making Napolitan For My Parents/両親にナポリタンを作る

japanese cake Japanese Food
For supper tonight, I made Napolitan because my father wanted to have it. My father sometimes surprises me by saying something I’d never expect him to say.
今日の夕飯には、父がナポリタンを食べたいと言うので作りました。父は時々、思いもしないことを言って驚かせてくれます。
I tried to use my trick to cook spaghetti without boiling, but I failed due to lack of a proper container.
スパゲティを茹でずに調理する私の裏技を試そうとしましたが、適当な容器がなくて、失敗しました。 

Ingredients:
Carrot, wiener sausage (or ham), green pepper (I wanted to use two, but I had only one left in the fridge), chuunou sauce (optional, I simply used some as a hidden flavor), canned button mushrooms, tomato ketchup, onion.
材料:
人参、ウインナーソーセージ(またはハム)、ピーマン(2つ使いたかったのですが、冷蔵庫には一つしかありませんでした)、中濃ソース(省略可。隠し味に少し使いました)、缶詰のマッシュルーム、トマトケチャップ、玉ねぎ

I usually use ham or canned tuna for this dish, but after watching this memorable song, Itoshi no Napolitan, I decided to use wiener instead.
いつもは、この料理にはハムかツナ缶を使うのですが、この忘れがたい愛しのナポリタンを聞いて、ウインナーを使うことにしました。

I used olive oil instead of salad oil for pan-frying.
炒める際は、サラダオイルではなくオリーブオイルを使いました。

Olive oil has been a favorite of my father’s ever since he learned that olive oil helps prevent dementia.
オリーブオイルは認知症予防になると知ってから、父はオリーブオイルが好きになりました。

After the ingredients were done, I added a generous amount of tomato ketchup and some chuunou sauce.
具材に火が通ってから、トマトケチャップをたっぷりと、中濃ソースを少し入れました。

Continue to heat for some time in an attempt to evaporate moisture from the ketchup and the sauce.
しばらく加熱して、ケチャップとソースから水分を飛ばすようにします。

My father likes powder cheese?! Just incredible!
父は粉チーズも好き?!信じられません!

Cook spaghetti (300 g in the photo) and drain really well. Add to the pan.
スパゲティ(写真では300 g)を茹でて、よく水を切ります。フライパンに入れます。

Both my parents liked it.
両親とも気に入ってくれました。

Comments on Facebook