Making Warabi Mochi for My Father/父に蕨もちを作る

japanese cake Japanese Food
The other day, my father surprised me again by saying he liked warabi mochi. He said it was transparent, and I understood he liked fake warabi mochi not the real one, which is grayish.
So, today, I made some fake warabi mochi using
6 tbsp katakuriko (potato starch)
2 tbsp sugar (the recipe calls for 4 tbsp)
300 ml water
先日、父は蕨もちが好きだと言って、また驚かせてくれました。透明な蕨もちだそうです。それで本当の蕨もち(灰色っぽい)ではなく、偽物の蕨もちが好きだということが分かりました。
というわけで、今日、偽物の蕨もちを作りました。
片栗粉 大さじ6
砂糖 大さじ2(レシピでは大さじ4)
水 300 ml

In a container, I mixed kinako (roasted soybean flour) and sugar at a ratio of 2:1 and added a pinch of salt.
容器にきな粉と砂糖を2:1の割合で混ぜ、塩を一つまみ入れました。

A common kinako to sugar ratio is 1:1.
きな粉と砂糖の一般的な割合は1:1です。

Warabi mochi:
蕨もち:

Both my parents liked it very much.
両親とも気に入ってくれました。

I skipped kuromitsu (black sugar syrup) because there was no black sugar in the house.
家には黒砂糖がなかったので、黒蜜は省略しました。

For more info about warabi mochi, search through my blog.
蕨もちに関しては、このブログで検索してください。

Comments on Facebook