Cleaning the Fuji Royal Coffee Mill R-440/フジローヤルのコーヒーミルR-440のクリーニング

Japanese Coffee Japanese Food
Today, I disassembled my R-440 to clean it thoroughly. I used a brand-new toothbrush and my vacuum cleaner for this work, among others.
今日は、R-440を分解して、徹底的に掃除しました。そのために新品の歯ブラシと掃除機などを使いました。

Well, not spanking clean but clean enough to grind coffee beans without hesitation.
ピカピカとは言えませんが、ためらうことなくコーヒー豆を挽けるまでにきれいになりました。

This washer was a mystery to me. After searching on the Internet, I realized that it was apparently used by the previous owner as a substitute for the “spill”.
このワッシャーが謎だったのですが、 ネットで調べると、前の所有者が「スピル」の代わりに使っていたのではないかと分かりました。

EDITED TO ADD ON JUNE 23: I’VE BEEN NOTIFIED THAT A 8-MM DIAMETER WASHER IS THE SPILL FOR THE OLD MODEL OF THE R-400. THUS, THIS WASHER IS SUPPOSED TO BE THE AUTHENTIC SPILL, NOT A SUBSTITUTE.
6/23追記: 直径8ミリのワッシャがR-440の旧モデルのスピルだと知りました。よって、このワッシャは、代用品ではなく、正真正銘のスピルだということです。

The washer should go right here.
ワッシャーはちょうどここに入ります。

Then, mount this this part at the center,
そして、この部品を真ん中に取り付けます。

like this.
こんな風に。

Then, mount this dial.
次にこのダイヤルを取り付けます。

Finished!
完了!

I used a plastic container as the substitute for the hopper and a glass bottle as a substitute for the container for ground coffee.
ホッパーの代わりにプラスチック容器を、挽いたコーヒーを入れる容器の代わりにガラス瓶を使いました。

I ground 20 g of coffee beans coarsely.
コーヒー豆を20 g粗く挽きました。

Then I brewed the coffee in my usually way (using a Matsuya wire-frame dripper but not employing the Matsuya method).
いつも通りに(松屋の金枠ドリッパーを使うが、松屋式を使わずに)淹れました。

The difference from the coffee that I brew using coffee beans ground with my Milser (small-size blender) was apparent. Much clearer.
ミルサー(小型のミキサー)で挽いたコーヒー豆で淹れたコーヒーとの違いは一目瞭然でした。ずっとクリアです。
I forgot to post this photo. I also disassembled the dial to clean it.
この写真を忘れてました。ダイヤルも分解して掃除しました。

It took me a while to understand how the dial worked.
ダイヤルの仕組みを理解するのにちょっと時間がかかりました。

I’m really satisfied with the secondhand coffee mill.
この中古のコーヒーミルに本当に満足しています。

Comments on Facebook