Differences between Old and New Models of the R-440/R-440の新旧モデルの違い

Japanese Coffee Japanese Food

Let me talk about some differences between my two R-440s, which I have recently purchased at online auctions.
Left: Old model of the regular type (suitable for drip coffee)
Right: New model of the “cut mortar” type (suitable for espresso)
最近、ネットオークションで購入した2つのR-440の違いについて少し話したいと思います。
左: 通常タイプ(ドリップコーヒー用)の旧モデル

右: 「カット臼」タイプ(エスプレッソ用)の新モデル

An obvious difference is in the dial.
明らかな違いはダイヤルです。

The old model is slightly bigger than the new one.
旧モデルのほうが、ちょっとだけ大きいです。

The old model is much more thick-walled. The circular inlet is about 7 mm thick.
旧モデルは、すごく肉厚です。円形の入り口は厚さが約7 mmもあります。

New model:
新モデル:

Only 2-3 mm thick.
厚さわずか2~3 mm。

This big difference is reflected in the difference in weight, 14.7 kg for the old model and 11.2 kg for the new model (both without the hopper and the container.)
この大きな違いが、重さの違いに反映してます。旧モデルでは14.7 kg、新モデルでは11.2 kg(ともにホッパーと容器を除いて)。

For the old model, you can open the damper only up to this angle.
旧モデルでは、ダンパーをこの角度までしか開けられません。

For the new model, you can turn the damper 360 degrees.
新モデルでは、ダンパーを360度回せます。

For the old model, no protective bar is provided.
旧モデルでは、保護バーがありません。

For the new model, there is one.
新モデルでは、一つあります。

For the old model, the outlet is also thick walled.
旧モデルでは、出口も肉厚です。

New model:
新モデル:

Old model, with the dial assembly removed.
旧モデル、ダイヤルを外したところ。

New model, with the dial assembly removed.
新モデル、ダイヤルを外したところ。

As I mentioned above, the old model is of the regular type, suitable to drip coffee, while the new model is of the “cut mortar” type, suitable for espresso.
上述の通り、旧モデルは、ドリップコーヒーに適した一般タイプで、新モデルは、エスプレッソに適した「カット臼」タイプです。

This is the “spill” of the new model.
これが、新モデルのスピルです。

I have no idea what the spill of the old model looks like. For my old R-440, a washer is used instead of the spill.
旧タイプのスピルがどんなものか分かりません。私の持っている旧R-440では、スピルの代わりにワッシャーが使われているので。

To be continued.
続く。

Comments on Facebook