Direct-Flame Coffee Roasting with a “Perforated” Pot/穴の開いた鍋による直火コーヒー焙煎

Japanese Coffee
Note: The following description applies to direct-flame not hot air coffee roasting.
注:下記の記述は直火(熱風ではなく)コーヒー焙煎に当てはまることです。
First of all, let me show you my ideal coffee roaster No. 1.
まずは、私が理想とするコーヒー焙煎機一号機を見て下さい。

I have attached a piece of bamboo as a handle to facilitate shaking.
簡単に振れるよう、柄として竹を付けました。

This time, I decided to test whether it could roast 400 g of coffee beans evenly.
今回は、コーヒー豆400 gをムラなく焙煎できるか試すことにしました。

You have to place a lid or something similar on the top for the first 10 minutes of roasting to keep the moisture inside the pot high.
This time, I decided to cover about 3/4 of the top.
焙煎の最初の10分間は、上部に蓋などをして、鍋の内部の湿度を高く保つ必要があります。
今回は、上部の約3/4を覆うことにしました。

Note: As for the milk can roaster, you need not cover the top, because of its great height. A great feature of the milk can roaster is that you don’t have to worry about exhaust air control.
注: ミルク缶焙煎機の場合は、高さがあるので、上部を覆う必要はありません。ミルク缶焙煎機の偉大な特徴の一つは、排気のコントロールを心配する必要がないことです。

Start roasting with the heat set to medium or high, depending on the heating power of the burner. If your burner has a heating power of 2,600 kcal/h or greater, you may want to start with medium. I started with the heat set to high because of the large amount of coffee beans.
Make sure that chaff starts to come off in about 3-4 minutes. If earlier, you need to lower the heat.
It is very important to keep in mind that coffee roasting is a two-phase process, drying phase and chemical reaction phase.
I first thought that I’d dry the beans for 12 minutes, but first crack occurred at around 11:45, so I changed my mind and removed the lid. Then, I took this photo and replaced the gas cylinder with a new one.
コンロの火力によりますが、火を中か強にして焙煎を始めます。火力が2,600 kcal/h以上のコンロであれば、中火で始めたほうがいいと思います。私は、コーヒー豆の量が多いので、火を強にして始めました。
極めて重要な留意点は、コーヒーの焙煎は2段階の工程であることです。乾燥段階と化学反応段階です。
最初は12分間、豆を乾燥させようと思っていたのですが、1ハゼが11:45に起きたので、考えを変え、蓋を取りました。この写真を撮って、ガスボンベを新しいのに交換しました。

Also, keep in mind that first crack should occur at 12-14 minutes after the start of roasting.
また、1ハゼは焙煎開始後12~14分後にすべきだということにも留意して下さい。

First crack continues for about 1-2 minutes. At this point, the beans lose weight by about 15%. When you bring them to second crack, they will lose weight by up to 20%.
1ハゼは1~2分続きます。この時点で、豆は15%程度重さが減ります。2ハゼまで持っていくと、20%まで重さが減ります。

When you have roasted your beans to the desired level, cool them immediately. I have an electric fan (not shown).
豆を好みのレベルまで焙煎したら、すぐに冷やして下さい。私は電気扇風機(写真には写ってません)を持っています。

I roasted my beans for a total of about 16 minutes.
I got 325 g of roasted beans.
合わせて16分程度焙煎しました。
焙煎した豆が325 gできました。

18.8% weight reduction.
重さの減った割合は18.8%。

Look at all the chaff generated during roasting:
焙煎中に出たチャフを見て下さい:

I’m really glad that my pot roaster can roast 400 g of coffee beans properly.
私の鍋焙煎機はコーヒー豆400 gをちゃんと焙煎できて、うれしいです。

But, I have a new mission!
Yesterday, I found this great toaster oven sold for 500 yen at the second-hand store. Of course, I grabbed it!
しかし、私には新たなミッションが!
昨日、リサイクルショップでこのすごいオーブントースターが500円で売っていました。もちろん、すぐ買いました!

Two heating elements at the top and one at the bottom.
ヒータは上に2つ、下に1つ。
It has a temperature control!
温度調節もあります!
I think I’ll convert this toaster oven into a coffee roaster.
このオーブントースターをコーヒー焙煎機にしようと思います。
To be continuted. I haven’t yet talked about the features of my three roasters (milk can, kettle, and alumite pot roasters).
続く。私の3種類の焙煎機(ミルク缶焙煎機、やかん焙煎機、アルマイト焙煎機)の特徴について、まだ話してません。

Comments on Facebook