Learning from Shukan Flavor 2/週間フレーバーで学ぶ 2

Japanese Coffee Japanese Food
Last Tuesday, I ordered some more coffee, together with a bag of Matsuya’s original paper filters for 5 cups, because I wanted to do some experiments. They arrived last Thursday.
先週の火曜日、コーヒーを少しと、松屋式のペーパーフィルター(5杯用)を注文しました。
ちょっと実験をしたかったからです。先週の木曜日に届きました。
The Matsuya drip method is explained on the back.
裏側に松屋式ドリップ法が書かれています。
Three bags of the same brand (Mocha) with different grinds (coarse, medium, and fine):
銘柄は同じ(モカ)で、挽き方が違う(粗挽き、中挽き、細挽き)3袋:
Close-up:
クローズアップ: 
I first tried the medium grind.
Compare Matsuya’s paper filter with Kono’s (for 2 cups):
まず、中挽きを試しました。
松屋のペーパーフィルタとコーノの(2杯用)との比較:
As you can see, Matsuya’s paper filter is sewn at one end.
見て分かる通り、松屋のペーパーフィルタは片側がミシンで縫ってあります。
 
50 g of the medium grind:
中挽き50 g:
After 3-minute “murashi” (steaming):
3分間の「蒸らし」後: 
After 300-cc brewing:
300 cc抽出後: 
It took me about 2 seconds and 45 minutes to brew this amount.
これだけの量を抽出するのに約2分45秒かかりました。 
According to Shukan Flavor No. 70, the brewing time should be about 1 minute and 30 seconds (50 g coarse grind, 300 cc  coffee). I think 2 minutes and 45 seconds is too long even if the grind is medium. Even for a coarse grind, it takes me to more than 2 minutes to brew 300 cc coffee. I have posted a question there, as ymhr312.
週間フレーバーNo. 70では、抽出時間は1分30秒程度(粗挽き50 g、コーヒー300 cc)だそうで、2分45秒は中挽きだとしても長すぎると思います。粗挽きでさえ、300 ccのコーヒーの抽出に2分以上かかります。ymhr312として質問をしてあります。
Naturally, I diluted the coffee with an equal amount of water.
もちろん、コーヒーは同量のお湯で薄めました。
I drank a cup, and found it was very similar to the type of coffee served at most kissaten (coffee houses) in Japan.  Anyway, it was bitterer than the coffee I make from coarsely ground coffee.
一杯飲みました。大半の喫茶店で出すようなコーヒーにとても似ていました。ともかく、粗挽きのコーヒーで入れるコーヒーより苦かったです。
I was reluctant to use the fine grind, because I didn’t want to have much bitterer coffee. Today, while watching Shukan Flavor 1 (Learning Cold-Brew Coffee), I learned a very good way of using the find grind: “Ice brewing” coffee.
これ以上苦いコーヒーを飲みたくないので、細挽きは使いたくなかったのですが、今日、週間フレーバー1(水だしアイスコーヒーを学ぶ)を見ていて、細挽きのいい使い道を知りました。「氷出しコーヒー」です。
 
I used a 900-ml PET bottle. I cut the bottom of the bottle with my outdoor knife, not completely but leaving some portion uncut. Then, I plugged the top with a paper towel from the inside, and covered the top with another paper towel from the outside and secured the towel with a rubber band.
900 mlのPETボトルを使いました。ボトルの底をアウトドアナイフで切り(完全にではなく、少し切らずにおいて)、キッチンペーパーで上部を内側から塞ぎ、別のキッチンペーパーで上部を外側から包み、輪ゴムでとめました。
I inserted the bottle into the server, upside down, and put 50 ml of the fine grind.
ボトルを逆さにサーバーに入れ、細挽きを50 ml入れました。 
Then, I wetted the coffee grounds with hot water. I then filled the bottle with cubes of ice.
次にお湯でコーヒーの粉を濡らしました。 次に氷をボトルに一杯入れました。
Top view:
上から見たところ:
I then closed the bottom with cellophane tape to keep off dust.
ごみが入らないよう、セロテープで底を閉じました。
It will take about 6 hours to brew coffee this way.
この方法ではコーヒーの抽出に6時間ほどかかります。
To be continued.
続く。
 
Edited to add:
追記:
 
6 hours later, I got 300 cc very strong coffee.
6時間後、とても濃いコーヒーが300 ccできました。
I still got some ice left in the bottle.
ボトルには氷がまだ少し残っていました。 
I was curious to know if the coffee grounds still had any flavorful components left in them, so I poured some hot water, 
コーヒーかすにまだ旨味成分が残っているか知りたかったので、お湯を入れて、 
I got this amount of coffee. I drank some of it, and decided to throw it away.
コーヒーがこれだけできました。少し飲んで、捨てることにしました。 
The coffee grounds now look like this:
コーヒーかすはこんな感じになりました。 
In the video, Nakagawa-san suggests making affogato with the “iced-brewed” coffee. Instead, I simply poured some of it, unheated, over ice cream.
ビデオでは、中川さんは「氷だし」コーヒーでアフォガートを作ることを勧めていますが、私は温めずに、アイスクリームにかけて食べました。 
Very good!
とても美味しいです!

Comments on Facebook