Milk Can Coffee Roasting/ミルク缶コーヒー焙煎

Japanese Coffee Japanese Food
In Japan, today is the last day of three consecutive national holidays, and I finally got around to trying to roast some coffee beans with my milk can roaster.
日本では、今日が三連休の最終日です。やっとミルク缶焙煎機でコーヒー豆を煎る暇ができました。
 
A milk can roaster is no joke. Nakagawa-san of Flavor Coffee sells it for 5,000 yen (including 1-kg green beans). He claims that it can roast coffee beans just like a commercial roaster.
ミルク缶焙煎機は冗談なんかではありません。フレーバーコーヒーの中川さんは5,000円で売っています(生豆(きまめ)1キロ付き)。業務用の焙煎機と同じようにコーヒー豆を煎ることができると言っています。
 
If you ever decide to make one by yourself, refer to the thread that I started on eGullet a long time ago.
自作する場合は、昔私がeGulletで始めたスレを参照してください。
 
Note that the milk can is 13 cm in diameter and 18 cm in height. The roaster is designed so that first crack occurs in 12-14 minutes when used with a 2,500 kcal portable gas stove. The size and the number of the holes at the bottom determine the roasting time. The height of the can is also important.
ミルク缶は直径13 cmで、高さ18 cmです。この焙煎機は2,500 kcalの携帯用ガスコンロで12~14分で1はぜが起きるように設計されています。底部の穴の大きさと数が焙煎時間を決めます。缶の高さも重要です。 
  
 
 
I decided to do the roasting in the garage.
ガレージで焙煎することにしました。 
The roaster is capable of roasting up to 200 g of green beans at a time, but Nakagawa-san recommends roasting 150 g so you won’t get tired from shaking the roaster. You need to shake the roaster constantly once per second for 14-16 minutes.
この焙煎機は生豆を一度に200 gまで焙煎できますが、中川さんは焙煎機を振り続けて疲れないよう、150 g焙煎することを薦めています。1秒に一回コンスタントに14~16分も振り続ける必要があります。
 
165 g of green beans:
生豆165 g: 
The gas stove has 2,600 kcal/h. I started with the heat set to high. The chaff started to come off 2 minutes later. Bad sign! It should start to come off in 3 minutes. I lowered the heat to medium. You have to reduce the moisture inside the beans for the initial ten minutes.
Ten minutes later, I turned the heat to high, and the beans started to crack immediately. I reduced the heat to medium again. Twelve minutes later, I turned the heat to high again. Fifteen minutes later, I stopped roasting, before second crack.  
ガスコンロは2,600 kcal/hです。火力は高にして始めました。チャフが2分後に飛び始めました。悪いサインです!チャフは3分後に飛び始めるようにしないといけません。火力を中に下げました。最初の10分間で豆の中の水分を抜く必要があります。
10分後、火力を高にすると、豆がすぐにはぜ始めました。火力をまた中に下げました。12分後、また高にし、15分後、2はぜの前に焙煎を止めました。
 
Chaff:
チャフ:
I immediately cooled the beans. I have a cooler, given to me by Nakagawa-san.
豆をすぐに冷やしました。私は中川さんからもらった冷却器を持ってます。     
Coffee beans, roasted for 15 minutes:
15分焙煎したコーヒー豆:  
I then transferred to a metal sieve.
Weight: 145 g
金属製のざるに移しました。
重さ:145 g 
Compare the beans (right) with the Mocha beans bought from Flavor Coffee:
豆をフレーバーコーヒーから買ったモカと比べてください: 
I ground some of the just roasted coffee beans.
煎りたてのコーヒー豆を少し挽きました。  
Naturally, the coffee grounds bloomed remarkably.
当然、コーヒーの粉はすごく膨れました。 
More gas coming out as I poured water.
お湯を注ぐとガスがもっと出てきました。 
End of brewing.
抽出終了: 
I used a Matsuya wire-frame dripper, but brewed coffee like the Melitta/Kalita way.
松屋の金枠ドリッパーを使いましたが、メリタ・カリタ風にコーヒーを淹れました。 
Resultant coffee:
できたコーヒー: 
I drank a cup,
一杯飲みました。 
and found it was good although a little bitter.
ちょっと苦いですが、美味しかったです。
 

Comments on Facebook