Ordering Coffee from Flavor Coffee/フレーバーコーヒーにコーヒーを注文

Japanese Coffee Japanese Food
I ordered some coffee (Brazil and Mocha) from Flavor Coffee last Tuesday, and it arrived yesterday.
フレーバーコーヒーにコーヒー(ブラジルとモカ)を注文して、昨日、届きました。
 
Shown on the left is a giveaway, I suppose.
左側のは、おまけだと思います。
 
I had requested them to coarsely grind both brands. You need coarsely ground coffee to brew coffee with the Matsuya method.
両方とも粗く挽くよう頼んでおきました。松屋式でコーヒーを入れるには粗挽きのコーヒーが必要です。 
I also ordered two packs of KONO paper filters (for 1-2 servings).
コーノの紙フィルターも2パック注文しました(1~2人用)。 
Matsuya’s original paper filters (available in different sizes for 5, 10, and 20 servings), with one side sewn, are rather expensive.
松屋独自の紙フィルター(5、10、20人用のサイズがある)は、片側がミシンで縫ってあって、ちょっと高価です。 
 
Sheet listing the brands available from Flavor Coffee:
フレーバーコーヒーで売っている銘柄が載った紙:  
Back of the sheet:
紙の裏側: 
Instructions on the Matsuya method,  as well as some variations, such has Shochiku drip.
松屋式や、そのバリエーション(松竹ドリップを含む)の説明。
 
I decided to try the giveaway first.
まずは、おまけを試すことにしました。 
Kono’s paper filters are cone-shaped.
コーノの紙フィルターは円錐形です。 
Matsuya’ original wire-frame drippers:
松屋オリジナルの金枠ドリッパー: 
Bought from Flavor Coffee years ago.
フレーバーコーヒーから何年も前に買ったものです。

I also bought this coffee drip pot from Flavor Coffee at the same time. The pot had three improvements made to it by Mr. Nakagawa, the owner of Flavor Coffee.
このドリップポットも同時にフレーバーコーヒーから買ったものです。このポットには、フレーバーコーヒーのオーナー、中川さんにより、3つの改良がなされています。

Improvement 1:
改良点1:  

The metal knob was replaced with a wooden one.
金属製のつまみが木製のものに変わっています。

Improvement 2:
改良点2: 

It’s hard to see, but a silicone tube is inserted to control the water flow.
分かりにくいですが、シリコンチューブを入れ、水量を調節しています。

Improvement 3:
改良点3:

The spout end is bent and filed to improve “mizu gire”, meaning that you can stop the water flow immediately without dripping by holding the pot upright.
「水切れ」(ポットを真っ直ぐに持てば、水の流れをすぐに、垂れることなく、止められる)を良くするため、口の先端を曲げ、やすりがけしてあります。

I made 5 servings of coffee with the paper filter for 1-2 servings. I regretted not having bought Matsuya’s original paper filters…
1~2人用の紙フィルターで5人分のコーヒーを入れました。松屋の紙フィルターを買わなかったことを後悔しました…。

Basically, 5 servings are considered the minimum amount of coffee to be brewed with the Matsuya method at a time.
基本的に、5人分が松屋式でコーヒーを入れる場合の最低限の分量と考えられています。

After wetting the ground coffee, I “steamed” it for 3 minutes, with a lid on.
コーヒーの粉を濡らしてから、ふたをして、3分「蒸らし」ました。 

Ideally, the lid should be dome-shaped.
ふたは、ドーム型が理想的です。

I managed to make 5 servings of coffee with the Matsuya method.
どうにか松屋式で5人分のコーヒーを入れました。 

Right: First 300 ml coffee
Left: Last 300 ml coffee
右: 最初のコーヒー300 ml
左: 後のコーヒー300 ml 
With Nakagawa’s version of the Matsuya method, you dilute the first 300 ml coffee with water to  drink it (and dispose of the last 300 ml)
松屋式の中川さんバージョンでは、最初の300 mlのコーヒーをお湯で薄めて飲みます(後の300 mlは捨てる)。
 
(I first tasted both brews and then mixed them together!)
(私は両方とも味見してから、混ぜました!)

Comments on Facebook