Pour Over/プアオーバー

Japanese Coffee Japanese Food
I tried to make coffee with a pour over method for the very first time. For my very first attempt, I chose the method by Matt Perger.
プアオーバー方式で初めてコーヒーを淹れてみました。初の試みでは、マット・パーガーさんの方法を選びました。
 
12 g Coffee
200 g Water
97 Degrees C
2:20 Total
1.40% TDS
20.8% ext.
 
HARIO
V60
 
50g Bloom
Stir it like a bandit
50g @ 0:30
Pour in an outward spiral
Finish the pour around the edges to wash any grinds back down
NB: No dry grounds above water
100 g @ 1:00
Again, spiral jazz.
Finished around the edges.
Rao Spin achieved via pour
COMBO
+20 Barista Points
For a level grounds bed
(and hence even ext.)
Tap Dat.
Water should disappear across
the whole bed simultaneously.
(or very close to)
 
コーヒー 12 g
お湯 200 g
摂氏97度
全抽出時間 2:20
全固形分(全蒸発残留物) 1.40%TDS
抽出率 20.8% ext.
 
ハリオ
V60
 
お湯50gでブールム
bandit(盗賊、無法者)のようにかき混ぜる
0:30後にお湯50 g
外側にらせんを描いて注ぐ
縁の周りで注ぐのを止め、粉を洗い落とす
注意: お湯の上に乾いた粉があってはいけない
1:00後にお湯100 g
再び、らせんを描いてjazz(注ぐ?)。
縁の周りで止める。
注ぐことでRao Spin(って何?)を達成
(ビデオでは、お湯が回っている)
コンボ
+20バリスタポイント(って何?)
粉を平らにするため
(よって、抽出を均一にするため)
軽くたたく(ビデオでは、ドリッパーをちょっと持ち上げて落とす)。
お湯が粉全体で同時になくなるようにする。
(または、それに極めて近づくように)
 
This method slightly differs from the one he used at the 2012 World Brewers Cup (WBC).
この方法は、2012年のワールドブリューワーズカップ(WBC)での方法とは若干異なります。
 
11.8 grams of coffee
200ml of 110ppm TDS water
50 grams of water every 30 seconds
2:30-2:35 minute total brew time
250 micron sieve
Coffee: Panama Finca Santa Teresa Washed Geisha
Brewed coffee to achieve an extraction percentage of 23% at 1.45TDS
(The grind level is not specified. To a question, he answered, “just regular drip grind”.)
コーヒー 11.8 g
110ppm TDSのお湯 200 ml
30秒ごとにお湯を50 g
全抽出時間 2:30~2:35
コーヒー: パナマFinca Santa Teresaウォッシュトゲイシャ
250ミクロンの、ざる
1.45TDSで抽出率23%を達成。
(挽き具合は書かれていません。質問に対して「ただ普通のドリップ用のグラインド」と答えています。)
 
“First, I sifted my coffee grounds. This gave me a super precise grind size and allowed me to extract some extra love out of my beans. The second technique was to fully customise the water I used in the brew. I added things like Potassium Chloride and Magnesium Sulfate to help my coffee sing,” he says.
「まず、コーヒーの粉をふるいました。これで粉のサイズが極めて正確になり、豆からlove(愛?)を少し余分に出すことができました。もう一つの技法は抽出に使うお湯を完全にカスタマイズしたことです。コーヒーがsingする(歌う)よう、塩化カリウムや硫酸マグネシウムを入れました」とのことです。
 
***
My first attempt ended in a failure.
初の試みは失敗に終わりました。
 
20 g Mandheling, roasted with my milk can roaster.
ミルク缶焙煎機で焙煎したマンデリン 20 g
I pre-wetted the paper filter, although I didn’t want to.
ペーパーフィルターは濡らしました(したくはなかったのですが)。 
This step is not shown in the video above, but I’m sure this step is taken because the paper filter is already wet. In ALL the pour over videos on YouTube that I have checked, the paper filter is pre-wetted.
上記のビデオでは示されていませんが、ペーパーフィルターがすでに濡れているので、絶対に濡らしたはずです。私がYouTubeでチェックしたプアオーバーのビデオでは必ず紙フィルターを濡らしていました。
 
I ground the coffee beans fine.
コーヒーは細か挽きにしました。
Instead of my Kalita dripper, I used this measuring cup.
カリタのドリッパの代わりに、この計量カップを使いました。 
After pouring the initial 50 ml of water and stirring:
最初の50 mlのお湯を注し、かき混ぜた後: 
After pouring 100 ml of water:
お湯を100 ml注した後: 
Even after two minutes passed, I got a little over 100 ml of coffee in the server. I added another 100 ml.
I got less than 200 ml of coffee even at 2:50. I gave up my first attempt.
2分経っても、サーバーにはコーヒーが100 mlくらいできただけでした。お湯を100 ml注しました。
2:50でも、できたコーヒーは200 ml未満でした。初の試みはあきらめました。 
I drank the resultant coffee.
できたコーヒーを飲みました。 
Just too much! Too strong and too punchy. I had to add some milk to drink it.
ちょっとすご過ぎでした。濃すぎるし、パンチがきき過ぎ。ミルクを入れて飲みました。
 
I don’t think I’ll make another attempt…
もう挑戦はしないと思います…。

Comments on Facebook