Some More Details of the Matsuya Method/松屋式の詳細

Japanese Coffee Japanese Food
Here are some more details of the Matsuya method.
松屋式についてもう少し詳しく書きます。
First, cone-shaped paper filters:
まずは円錐形のペーパーフィルター:

Shown above are Kono’s 2-cup filter (top left), Hario’s 4-cup filter (top right), and Matsuya’s genuine 5-cup filter (bottom).
コーノの2カップ用(左上)、ハリオの4カップ用(右上)、松屋の純正5人用フィルタ(下)

Preferably, use Matsuya’s genuine paper filters. That being said, I have never had any troubles with Kono’s or Hario’s.
できれば、松屋の純正のペーパーフィルタを使って下さい。と言うものの、私自身はコーノ、ハリオのでもトラブルが起きたことはないです。

Compare the sizes:
サイズの比較:

Matsuya’s filter is sewn on one end with cotton thread.
松屋のフィルタは片側が木綿糸で縫われています。

1.4 g.
1.4グラム。

Hario’s
ハリオの

1.2 g.
1.2グラム。

Kono’s
コーノの

0.9 g.
0.9グラム。

Second, Matsuya’s wire-frame drippers for 2 cups (top) and 5 cups (bottom):
次に、松屋の2カップ用(上)と5カップ用(下)の金枠ドリッパー:

I have already talked about the dimensions of the 5-cup dripper here.
I have also talked about the difference between the drippers available from Matsuya and those available from Flavor Coffee here.
If you can’t get one of those unique drippers, you need to make one yourself or use a Kono or Hario conic dripper instead.
5カップ用ドリッパーの寸法についてはすでにここで述べました。
また、松屋で売っているドリッパーとフレーバーコーヒーで売っているドリッパーの違いもここで述べました。
このようなユニークなドリッパーが入手不能な場合は、自分で作るか、コーノやハリオの円錐ドリッパーを使ってください。

Third, the drip pot. Sorry, no photo. I have talked about the drip pot here.
It is important to note that you need to be able to pour water at three different flow rates:
Low: Approx. 30 ml per 30 seconds, used for blooming
Medium: Approx. 100 ml per 30 seconds, used for brewing
High: Approx. 80-100 ml per 10 seconds, used to increase the water level quickly before brewing
三番目はドリップポットです。すみませんが、写真はありません。ドリップポットについてはここで述べてあります。
注意すべきことは、お湯を3つの異なる流量で注ぐ必要があるということです。
低: 30秒で約30 ml。ブルームに使う。
中: 30秒で約100 ml。抽出に使う。
高: 10秒で約80~100 ml。抽出前にお湯のレベルを早く上げるのに使う。

Directions for making 600 ml of coffee with 50 g of coffee beans
コーヒー600 mlをコーヒー豆50 gを使って淹れる方法

1. Boil about 700 ml of water in a kettle.
1. やかんでお湯を700 ml程度沸かします。

2. Treat the paper filter.
2. ペーパーフィルターを処理します。

a. Fold the sewn end of the filter.
a. フィルターの縫ってある端を折ります。

b. Open the filter. Match the two sides together. Fold the right end from the bottom up to the middle, not all the way to the top. DO the same on the left end.
b. フィルタを開きます。二辺を合わせます。右端を下から真ん中まで折ります(上まで折らない)。左端も同様にする。

c. Place the filter in the dripper.
c. ドリッパーに置きます。

3. Measure out 50 g of coffee beans. The coffee-to-water ratio is 1:12.
3. コーヒー豆を50 g測ります。豆とお湯の割合は1:12です。

4. Grind the bean coarsely.
4. 粗挽きにします。

But exactly how coarse? The grind level is closely associated with the brew time. The grind level must be such that you can brew 300 ml of very strong coffee for 1.5 minutes while keeping just enough water to barely cover the coffee grounds (keeping the “hitahita” state). You will need to make several experiments to attain the proper grind level with your coffee grinder.
でも具体的にどのくらいの粗さにすべきでしょうか?挽き具合は抽出時間と密接な関係にあります。挽き具合は、コーヒーの粉をひたひたな状態を保ちながら、とても濃いコーヒーを1.5分で抽出できる程度にする必要があります。自分の持っているコーヒーミルで適切な挽き具合を達成するには何回か実験する必要があるでしょう。

Note: Prewetting the paper filter is optional. This is not only true of the Matsuya method. In Japan, prewetting the paper filter is NOT considered important. This was practiced by some in the days when paper filters were of low quality.
注: ペーパーフィルタを濡らすのはオプション(省略可)です。これは松屋式だけでなく、日本では、ペーパーフィルタを濡らすことは重要なことと考えられていません。ペーパーフィルタの質が悪い時代に実践している人はいました。

5. Put the ground coffee in the filter, and dig a hole, with the back of a spoon. The fresher the coffee, the deeper the hole should be.
5. 挽いた豆をフィルタに入れ、スプーンの裏を使って、穴を掘ります。コーヒー豆が新鮮なほど、穴を深く掘ります。  

6. Bloom the coffee grounds:
Transfer the 100C/212F water from the kettle to the drip pot. The water in the drip pot will be 95C/203F.
Pour water at the center of the coffee grounds. The flow rate must be low. In 8-10 seconds, coffee starts to come down the filter. Then, start moving the drip pot in a circular motion going outward. Generally, move the pot three times. The total bloom time is about 35-40 seconds, and about 60 ml of water is used, of which 45 ml remains in the coffee grounds.
6. コーヒーの粉を膨らませます(ブルーム):
やかんから100C/212Fのお湯をドリップポットに移します。ドリップポットの中のお湯は95C/203Fになります。
お湯をコーヒーの粉の真ん中に注します。流量は低くします。8~10秒でコーヒーがフィルタから出てきます。そうなったら、ドリップポットを外側に向かって円を描くように回し始めます。一般的にポットは3回、回します。ブルームに要する時間は全部で約35~40秒で、約60 mlのお湯を使います。そのうち、45 mlがコーヒーの粉に残ります。

7. Place a 10 cm diameter dome-shaped lid on the filter.
7. 直径10 cmのドーム型の蓋をフィルタに載せます。

Sorry, I haven’t talked about the dome-shaped lid. Any lightweight lid of an appropriate size will do. I can’t find a proper one, so I use a sheet of plastic wrap.
ドーム型の蓋については話してませんでした。適当な大きさの軽い蓋なら何でもOKです。私は適当な蓋が見つからないので、ラップを使っています。

8. Let the coffee grounds sit for 3 minutes. This step is called “murashi” (lit. steaming). and is intended to release all gas (carbon dioxide) from coffee grounds.
8. コーヒーの粉を3分間置いておきます。このステップは蒸らしと言い、コーヒーの粉からガス(炭酸ガス)をすべて抜くことを目的とします。

(This time, 50 g, 35 seconds. I sometimes use up to 70 g of water for up to 40 seconds, depending on the case.)
(今回は、50 g、35秒。場合によって40秒、70 gまでお湯を使うことがあります。)
 
9. The water in the drip pot is now at 90C/194F. Pour water, starting halfway between the center and the edge of the coffee grounds. The flow rate must be high to raise the water level up to the level of the coffee grounds quickly. Besides, you need to move the drip pot faster so as not to agitate the coffee grounds. Keep pouring water there for 8-10 seconds, until coffee comes down from the filter. Then, move the drip pot to the center, and start moving it in a circular motion going outward. The flow rate must be medium. As a rough guide, move the drip pot at and around the center of the coffee grounds five times and around the edge one time. You don’t necessarily have to follow this pattern, and the most important thing to remember is to keep just enough water to barely cover the coffee grounds (keep the hitahita state).
Note that the temperature of the coffee grounds will be 5-10C lower than the water temperature. Thus, the extraction is performed at around 90 – (5 to 10) = 85 to 80C (185 to 176F). You may want to make sure that the coffee grounds do not exceed 85C/185F, by sticking a thermometer into the coffee grounds.
9. ドリップポットの中のお湯は90C/194Fになっています。コーヒーの粉の真ん中と端の中間からお湯を注し始めます。流量は、お湯のレベルをコーヒーの粉のレベルにまで早く上げるため、多くします。さらに、コーヒーの粉を動かさないようドリップポットを早く回す必要があります。8~10秒間、コーヒーがフィルターから落ちてくるまで、そこでお湯を注し続けます。それから、ドリップポットを真ん中に移動させ、外に向かって円を描くように動かし始めます。流量は中程度にします。目安としては、ドリップポットをコーヒーの粉の中心とその周りで5回、縁の周りで1回動かします。必ずしもこれに従う必要はないですが、重要なことは、コーヒーの粉をお湯でひたひたな状態を保つことです。
コーヒーの粉の温度はお湯の温度より5~10C低くなります。従って、抽出は90 – (5~10) = 85~80C (185~176F)で行われます。コーヒーの粉に温度計を刺して、コーヒーの粉が85C/185F以上にならないようにするといいかも知れません。
Coffee grounds, after 3-minute “murashi”
3分の蒸らし後のコーヒーの粉
10. Stop brewing when you obtain 300 ml of very strong coffee. Stop pouring water at the center of the coffee grounds. The total brew time should be around one and a half minutes, but when to stop brewing largely depends on your preferences. If you want to add some of the astringent, bitter, and other unpleasant flavors to your coffee, simply extend the brew time. As a rule of thumb, you may want to extend the brew time for dark roasts and shorten it for light roasts, but again, that largely depends on your preferences.
The coffee in the server/carafe is around 65C/149F.
10. とても濃いコーヒーが300 mlできたら、抽出を止めます。コーヒーの粉の真ん中でお湯を注すのを止めて下さい。全抽出時間は1分半ですが、いつ抽出を止めるかは、それぞれの好みの問題です。渋み、苦みなど嫌味を少し入れたいと思ったら、抽出時間を延ばして下さい。大まかに言って、深煎りの場合は、抽出時間を延ばしたいと思うでしょうし、浅煎りの場合は短くしたいと思うでしょうが、ともかく繰り返しますが、個人の好みの問題です。
サーバーの中のコーヒーは約65C/149Fです。
11. Dilute the very strong coffee with an equal amount of water to obtain 600 ml of very clear coffee.
The coffee in the server/carafe will be around 75C/167F.
Or, you may leave the coffee undiluted and add water later, when you want to have coffee.
11. とても濃いコーヒーを同量のお湯で薄め、とてもクリアーなコーヒーを600 ml得ます。
サーバーの中のコーヒーは75C/167F程度になります。
または、薄めずに置いておいて、後で飲みたい時にお湯を足してもいいです。

According to Master Nakagawa, the coffee brewed with the Matsuya method won’t get cloudy for 2-3 weeks (at room temperature). I have never confirmed that, but I can say that the coffee brewed and diluted with the Matsuya method can keep for at least one day at room temperature. 
中川師匠によれば、松屋式で淹れたコーヒーは(室温で)2~3週間はにごらないそうです。そのことを確認したことはないですが、松屋式で淹れて薄めたコーヒーは室温で少なくとも
1日はもつとは言えます。
Sorry, I can’t take a photo in such a way to tell exactly how clear the coffee is.
すみませんが、どれだけクリアか分かるように写真を撮ることができません。

Coffee grounds:
コーヒーの粉:

Dripper and filter:
ドリッパとフィルタ:

You will now be able to better understand the Matsuya method by watching one of Master Nakagawa’s videos even if you don’t understand Japanese.
さて、これで、日本語が分からなくても、中川師匠のビデオを見れば、松屋式をよく理解できるでしょう。
Brewing coffee with the Matsuya method is making dashi from coffee beans. To do so, you have to coarsely grind coffee beans, release all gas from the coffee grounds in the 3-minute “murashi”, and brew coffee by keeping just enough water to barely cover the coffee grounds (keeping the “hitahita” state). You also need to make sure you don’t agitate the coffee grounds. By not agitating coffee grounds, you will clearly see what agitation does to the coffee grounds.
松屋式でコーヒーを淹れるということは、コーヒー豆から出汁を取る(引く)ことです。そのためには、コーヒー豆を粗く挽き、3分の蒸らしでコーヒーの粉からガスをすべて抜き、ひたひた状態を保ちながら、コーヒーを抽出する必要があります。また、コーヒーの粉をかき回さない(動かさない)ようにする必要があります。コーヒーの粉をかき混ぜないことにより、コーヒーの粉をかき混ぜるとどうなるかがはっきり分かるでしょう。

Comments on Facebook