A Trip to Sanjo City, Part 5/三条への旅、パート5

Japanese Food
I thought that looking at all the exhibits carefully would take the whole afternoon, so I decided to enter the shop.
展示品をすべて注意深く見ていると、午後いっぱいかかると思ったので、店の中に入ることにしました。
I immediately realized that this was an real paradise for chefs!
ここは料理人の天国だとすぐに分かりました!
One of the most expensive aluminum frying pans:
値段が最も高いフライパンの1つ:
Iwasaki Shigeyoshi:
岩崎重義:
Iizuka Tokifusa:
飯塚解房:
Edited to add on Oct. 3:
NOTE:  Iizuka-san’s real name is spelled 飯塚房.  I’ve been told that 飯塚房 is more like a “pen name”.
10月3日追記:
注: 飯塚さんの本名は「飯塚房」です。「飯塚房」は「ペンネーム」のようなものだそうです。
Blacksmith who makes Shigefusa knives.
重房の包丁を作っている鍛冶職人です。
You can buy any of his knives here,
ここなら重房の包丁は、いつでも買えます。
if you have the money.
お金があれば。
Other knives:
他の包丁:
I wish I could post all the photos I took of the shop.
できれば、店で撮った写真をすべて載せたいです。
Universal Design Section:
ユニバーサルデザインコーナー:
Edited to add on Sep. 24:
The information below is incorrect.  I have just learned from Messepia that Iizuka-san won’t come to this event on October 14 but that only one of them (for example, Hosokawa-san on Oct. 14) will come to sharpen your knives.  I have also learned that Iizuka-san will come to this event in December or January next year.
9月24日追記:
下記の情報は誤りです。メッセピアから教わったことですが、10月14日のこのイベントには飯塚さんは来ないそうです。一人だけ(10月14日のイベントでは細川さん)が来て、包丁を研ぐそうです。また、飯塚さんは12月または来年の1月のイベントに来る予定です。
On October 14, blacksmiths including Iizuka-san (Shigefusa knife maker) will sharpen your knives for 500 yen per knife.
10月14日、飯塚さん(重房の包丁を作っている方)を含め、鍛冶職人が一丁500円で包丁を研いでくれます。
It also says that this service is offered on the second Sunday, but the day is subject to change on months in which events are held.
このサービスは第日曜日に行われるが、イベントのある月では、変更する場合もあるそうです。
I decided to go back to the Sanjo Kaji Dojo to attend the wakugi making course, instead of visiting the SUWADA factory.
SUWADAの工場に行くのは止めて、三条鍛冶道場に戻って和釘づくり講座を受けることにしました。
To be continued.
続く。

Comments on Facebook