Aji no Nanban Zuke, Again/再び、アジの南蛮漬け

Japanese Food
As part of supper tonight, I made aji no nanban zuke. Green peppers are a nice ingredient of nanban zuke, but we didn’t have any. My wife suggested that I add cucumbers, and I unwillingly accepted the idea.
今日の夕飯には鯵(あじ、アジ)の南蛮漬けを作りました。ピーマンを南蛮漬けに入れるといいのですが、なかったので、妻はきゅうりを入れたらどうかと、言いました。嫌々(いやいや)その考えに従いました。
I hit upon a good idea: Making kinshi tamago.
いい考えが浮かびました。錦糸卵を作ることです。 
I decided to keep the aji separate from the vegetables, so my daughter, who is not a big fan of nanban zuke, could have the vegetables and the kinshi tamago as a kind of salad.
アジを野菜を別々にすることにしました。そうすれば、南蛮漬けがあまり好きではない娘が野菜と錦糸卵をサラダのように食べれると思って。
 
I used two packs of aji. I coated them with katakuriko (potato starch) and komeko (rice flour) and deep-fried at a low temperature of 160oC for more than 8 min.
アジは2パック使いました。片栗粉と米粉をまぶして、160oCの低温で8分以上揚げました。
I marinated them in a 3:3:1 mixture of soy sauce, vinegar, and sugar, as usual. I left out red peppers.
いつも通り、しょう油、お酢、砂糖を3:3:1で混ぜたものに漬けました。赤唐辛子は省きました。
 
I boiled more than 600 g somen. On a hot summer day, we crave cold noodles!
素麺を600 g以上茹でました。暑い夏の日には冷たい麺を食べたくなります!
 
(My daughter said she had a lot of aji, and added they were very good!)
(娘はアジをいっぱい食べたそうです。それにとても美味しかったそうです。)

Comments on Facebook