Boiling Spaghetti without Salt/スパゲティを塩なしで茹でる

Japanese Food

I have learned great news today. This site (Japanese only) says that it’s not necessary to add salt when boiling spaghetti. This is a finding of NAGAO Keiko, Prefessor of the Graduate School of Home Economics of Tokyo Kasei University.

The reason for adding salt to water when boiling spaghetti is said to make the spaghetti firm. A common way to boil spaghetti is to boil ten times as much water as spaghetti in weight and add salt 0.5 to 1% of the water to boil the spaghetti.

Adding such a low percentage of salt to water does NOT change the elasticity of the spaghetti, keep the protein in the spaghetti, or raise the boiling point of the water.

今日はすごいニュースを聞きました。このサイトによると、スパゲティを茹でる時に塩を入れなくてもいいそうです。東京家政大学大学院家政学研究科教授の長尾慶子さんが発見したことです。

スパゲティを茹でる時に塩を入れるのは腰を強くするためと言われています。一般的な茹で方はスパゲティの重量の10倍の水を沸騰させ、そのお湯の0.5~1%の塩を加えて茹でるというものです。

水にこんな低い割合の塩を加えても、スパゲティの弾力性は変わらず、スパゲティ内のたんぱく質を内部にとどめることもできず、お湯の沸点を上げることもできないそうです。

 

Comments on Facebook