Chahan (Fried Rice) with Dried Enoki/干しえのきのチャーハン

Japanese Food
The other day, I made chahan (fried rice), with leftover germinated brown rice, two eggs, and some dried enoki roots.
先日、残った発芽玄米、卵2個、えのきの根っこの部分を干したもので、チャーハンを作りました。
 
One big advantage of using germinated brown rice (or brown rice) to make chahan is that you don’t have to separate it into individual grains; it will separate into individual grains by itself.
チャーハンを作るのに発芽玄米(または玄米)を使う大きな利点の一つは、一粒一粒に分ける必要がないことです。勝手に一粒一粒に分かれてくれます。
 
I microwaved the germinated brown rice until very hot.
発芽玄米は、とても熱くなるまで電子レンジで加熱しました。
 
I then microwaved the dried enoki roots for a total of 20 + 10 = 30 seconds until they gave off their distinctive dried-squid-like aroma.
次に、えのきの根っこの部分を干したものを、合計20+10=30秒、独特な、スルメのような香りが出るまで電子レンジで加熱しました。 
I added only a 1/4 teaspoonful of instant dashi for seasoning.
味付けには、出汁の素を小さじ1/4入れただけです。
I made the chahan as an okazu (accompaniment) to rice, and shared it with my family (that is, my wife and daughter).
チャーハンはご飯のおかずとして作り、家族(妻と娘)と一緒に食べました。
When lightly seasoned, the aroma and flavor of the dried enoki stand out, which is very good.
薄味にすると、干しえのきの味や香りが際立ち、とてもおいしいです。
 
The next day, I had the leftover chahan with some meat sauce on top.
次の日、残りのチャーハンをミートソースを載せて食べました。

Comments on Facebook