Cooking Maitake/マイタケを調理する

Japanese Food
I am very particular about how to cook maitake. The two most important things to remember are NOT to rinse maitake (and other mushrooms as well) and NOT to overcook it.
私はマイタケの調理の仕方にはきわめてこだわりがあります。大切な二点は、まいたけを洗わないこと(ほかのきのこもそうです)と火を通しすぎないことです。
 
NOTE: I’m talking about cultured maitake and other mushrooms. I do wash wild mushrooms to remove dirt and any tiny worms that may be hiding in them.
注:ここで述べているのは、栽培したまいたけなどのきのこのことです。天然のきのこは、汚れや隠れている小さな虫を取るために洗っています。
  
I decided to use half the 500 g maitake in miso soup and stir-fry the other half with butter, as usual (I can’t think of better ways to cook this mushroom…).
いつも通り、500 gのマイタケの半分を味噌汁に入れ、残りの半分はバター炒めにすることにしました(このきのこを調理する、より良い方法が考え付かないので…)。
 
I tore the maitake with my hands, not with a knife.
マイタケを包丁ではなく、手で割きました。
I put some water in a pot, added maitake and some instant dashi, and brought to a boil.
鍋に水を入れ、マイタケと出汁の素を入れ、沸騰させました。
I stopped the heat immediately, and added some miso. Finished. The maitake will cook as long as it’s hot.
火をすぐに止め、味噌を入れました。終わりです。マイタケは余熱で火が通ります。 
I put the other half in a frying pan, sprinkled 1/2 tsp salt, turned on the heat, and “simmered” with a lid on.
残りの半分をフライパンに入れ、塩を小さじ1/2入れ、火をつけ、ふたをして蒸しました。 
I added some butter, and repeated the steps of “simmering” and stir-frying several time. Finally, I added some soy sauce and additional butter, and turned off the heat.
バターを入れて、「蒸す」と炒めるを数回繰り返しました。最後にしょう油を少し入れ、バターも足して、火を止めました。  
Again, I refrained from overcooking the maitake.
ここでも、マイタケに火を通しすぎるのは避けました。

Comments on Facebook