Fuki/蕗(ふき、フキ)

Japanese Food

Today, I got a box of natsumikan from my father. He said these were really the final ones. In the box, I found a plastic bag of fuki stalks, and I called him to ask how to prepare them. He assured me that it wouldn’t be necessary to peel them because they were small. I was relieved to hear that because peeling is the most tediuous part of fuki preparation.
今日は父から夏みかんを1箱もらいました。これで本当に最後だそうです。箱の中にはフキが1袋入っていたので、父に電話して、下ごしらえの仕方を教わりました。小さいので、皮をむく必要はないと言ってくれました。皮をむくのがフキの下ごしらえで一番退屈なことなので、それを聞いて安心しました。

A common way is to first place fuki on a cooking board, sprinkle some salt, and roll them. This technique is called ita zuri.
一般的な方法では、まずフキをまな板に載せ、塩を振りかけて、転がします。板ずりといいます。  

Put plenty of water in a large pot, and bring to a boil. Add fuki, and parboil for 3-5 minutes depending on the thickness.
大きな鍋に水をたっぷり入れ、沸騰させ、フキを加え、太さに応じて3~5分茹でます。

Cool in cold water, and drain.
冷水で冷やし、水を切ります。

Then, you have to peel the skin from each fuki. This is the most tediuous part, as I said above.
次に、フキそれぞれから皮をむきます。上記のとおり、一番退屈な部分です。

Of course, I omitted this step. I made kinpira with just a small portion of fuki.
もちろん、私はここは省きました。フキをちょっとだけ使ってきんぴらを作りました。

 
Like I mentioned several times in my blog, fuki should not be confused with fukinoto. Wikipedia does not clearly distinguish fuki (leaf stalk of fuki) from fukinoto.
The book, Japanese Cooking: A Simple Art, explains fuki as follows:
このブログで何度も言っているように、フキをフキノトウ(蕗の薹、ふきのとう)と混同しないでください。Wikipediaでもフキ(フキの葉柄(ようへい)とフキノトウをはっきり区別していません。
Japanese Cooking: A Simple Artという本ではフキを次のように説明しています。




But no mention of fukinoto.
フキノトウについて言及はないです。

Previous post on kyarabuki
Previous post on fukinoto
きゃらぶきに関する過去の記事
フキノトウに関する過去の記事

Comments on Facebook