International Festival of IUJ 2013, Part II/IUJインターナショナル・フェスティバル2013、パート2

Japanese Food
There were twelve food booths outdoors that were run by IUJ students: Central Asia, Mongolia, Laos, Thailand, Nepal, Sri Lanka, Japan, Indonesia, Myanmar, the Philippines, Afghanistan, and China. Most dishes were only 100 yen each, and some were as low as 50 yen each! Food booths run by outsiders were more expensive.
屋外の料理ブースのうち、IUJの学生がやっているのは12ありました: 中央アジア、モンゴル、ラオス、タイ、ネパール、スリランカ、日本、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、アフガン、中国です。大半の料理はそれぞれたった100円で、中には50円のもありました。外部の人たちの料理ブースはもっとずっと高かったです。
 
Central Asia:
中央アジア:
 
Mongolia:
モンゴル:
 
 
I asked them what was inside, and they replied, “beef”. Kimchi was offered for free of charge. I asked, “Do Mongolian eat kimchi?” They said no. Kimchi was offered for the Japanese. 
中に何が入っているか聞くと、「ビーフ」との答えでした。キムチが無料であったので、「モンゴル人はキムチを食べるんですか?」と聞くと、答えはノーで、キムチは日本人のために出されているそうです。
There was beef inside.
中には牛肉がありました。 
Laos:
ラオス:
I was intrigued by the mysterious words, “Lucky food”. I asked, “What does lucky food mean?” They replied that lamb was lucky food (if I remember correctly).
奇妙な「ラッキーフード」という言葉が興味深かったので、「ラッキーフードって何のことですか?」と聞くと、(記憶が確かなら)子羊の肉がラッキーフードだそうです。 
 
Wrapped in plastic wrap is rice (Japanese rice?).
ラップに包まれているのは、ごはんです(日本のお米?)。 
Thailand:
タイ:
I had no idea what the dishes were…
どんな料理がさっぱり分かりません…。 
I asked these Thai beauties.
このタイ美人に聞くと、  
The right one contains chichen, and the left one is made with peanuts.
右のには鶏肉が入っていて、左のはピーナッツでできているそうです。
 
The white rectangular ingredient tasted like tofu.
白い長方形の具は豆腐のようでした。 
Then I had the peanut snack. Yummy!
それからピーナッツのお菓子を食べました。美味しかったです。 
Nepal:
ネパール:
 
 
 Sri Lanka:
スリランカ:
Some kind of curry, if I remember correctly.
確か、カレーの一種だったと思います。 
Japan:
日本:
I looked at the sake brand. Hakkaisan! Of course, I had one glass.
酒の銘柄を見ると、八海山でした!もちろん、一杯飲みました。  
Amazake was offered for free. I knew this particular product (called Amasake, not amazake). It’s real amazake, made from koji (rice malt) and rice.
甘酒(あまざけ)が無料でした。この商品(あまざけではなく、「あまさけ」)は知っていました。麹と米で作った、本当の甘酒です。 
 I asked these Japanese beauties, “Is this really free???”
日本美人に聞きました、「本当にタダなんですか???」 
It was free of charge. Of course, I asked for one glass.
ホントに無料でした。もちろん、一杯もらいました。
Jonnobi no Kai:
じょんのびの会:
A group of non-IUJ people, I suppose, but they offered fried chicken and other foods for 100 yen.
IUJの人たちではないと思いますが、フライドチキンなどを100円で売っていました。
 
To be continued.
続く。

Comments on Facebook