Japan’s First Regular Soluble Coffee from Nestle/ネスレの日本初の「レギュラーソリュブルコーヒー」

Japanese Food

Nestle launched initial sales of Japan’s first regular soluble coffee in Japan, accepting orders for 2,000 sets from June 11 through 20. I was intrigued and decided to buy one.
ネスレは日本で日本初のレギュラーソリュブルコーヒーの先行販売を始めました。6月11日~20日まで2,000セットの注文を受け付けるというものです。私は興味をそそられ、1セット買うことにしました。

The set arrived today. It consists of:
One 70 g bottle of Nescafe Komibaisen Fukairi (Dark Roast),
One 70 g bottle of Nescafe Komibaisen Chuiri (Medium Roast), and
One original measuring spoon
2,000 yen (free shipping)

今日、届きました。次のものが入っています:
「ネスカフェ 香味焙煎 深煎り 70g」一瓶
「ネスカフェ 香味焙煎 中煎り 70g」一瓶
オリジナル計量スプーン
2,000円(送料無料)

According to Nestle’s webpage, Nescafe Komibaisen is a product with a total new concept, manufactured with what they call “hiki mame zutsumi seiho” (ground beans-wrapping technique), whereby ground coffee beans are wrapped in freeze-dried coffee. 66% of those who participated in a blind test, who regularly drink regular coffee, said they preferred Komibaisen.
ネスレのウェブページによると、ネスカフェ香味焙煎はまったく新しい発想の製品で、「挽き豆包み製法」で製造されているそうです。挽いたコーヒー豆をフリーズドライコーヒーで包むというものです。ブラインドテストに参加した(普段、レギュラーコーヒーを飲んでいる)人のうち、66%の人が香味焙煎のほうがいいと答えたそうです。

I must say, however, that their new product fell short of my expectations. Not bad but not good either.
ただ、私の期待とはほど遠かったです。悪くはないですが、良くもないです。







Comments on Facebook