“Kanzuri” and “Koshi no Murasaki”/「かんずり」と「越のむらさき」

Japanese Food

Let me introduce two seasonings produced here in Niigata: Kanzuri and Koshi no Murasaki.
In short, Kanzuri is a hot, spicy condiment made from red peppers, rice malt, yuzu (citron), and salt. It’s fermented for three years! I’m not a big fan of Kanzuri, but I do have a fond memory of it because one eGullet member made a recipe for yakitori (skewered and grilled chicken) especially for me that uses Kanzuri, as described here : Hiroyuki’s Yakitori Kanzuri Chicken.
新潟で作られている調味料を2つ、紹介します。かんずりと越のむらさきです。
簡単に言うと、かんずりとは、唐辛子、麹、柚子、塩で作られた、辛い調味料です。3年間も発酵させます!私はそれ程かんずりが好きなわけではありませんが、楽しい思い出があります。Hiroyuki’s Yakitori Kanzuri Chickenに書かれているように、eGulletの或るメンバーが私のために、かんずりを使った焼き鳥のレシピーを作ってくれたからです。

I previously posted a photo of Koshi no Murasaki. In short, it’s soy sauce plus katsuobushi dashi, amino acids, etc. It’s made by a soy sauce brewery with the same name, Koshi no Murasaki, Co., Ltd., located in Nagaoka city, Niigata prefecture. Since I knew of this product in a TV show, I had wanted to get one bottle. Like I said previously, it can be used as a substitute for soy sauce. Now I use it on a daily basis.
越のむらさきの写真は以前に載せました。簡単に言うと、醤油にかつおだしとアミノ酸等を混ぜたものです。同名、株式会社越のむらさきという、新潟県長岡市にある醤油蔵が作っています。テレビ番組で知ってから、ずっと、一本買いたいと思っていました。前にも言った通り、醤油の代わりとして使えます。今では毎日使っています。

Comments on Facebook