Magic Furikake/魔法のふりかけ

Japanese Food

I know this post is quite repetitious; I have posted about my magic furikake somewhere in my blog before, as well as in the Japan Forum on eGullet. But, because I have improved the recipe a little, I’d like to share it with you.
Note: When I have little or no appetite, a mouthful of hot rice with some magic furikake will work up my appetite, like a charm. That’s why I call my furikake magic furikake.
この投稿は繰り返しだとは分かっています。前にも、このブログのどこかに私の魔法のふりかけのことを書きましたし、eGulletのJapan Forumにも書きました。でもレシピーを少し改良したので、また説明したいと思います。
注: 食欲が殆どない時に、暖かいご飯と魔法のふりかけを一口食べると、うそのように、食慾が出てきます。というわけで、私のふりかけを魔法のふりかけと呼んでいます。
Here are some of the cans I happen to have in the storage space:
保管スペースにたまたまあった缶詰をいくつか。

Top, from left to right: Whole tomatoes, diced tomatoes, and sweet corn
Middle: Yude azuki (boiled adzuki), sanma kabayaki (saury grilled and seasoned with kabayaki sauce (soy-based sweet sauce), and tuna flakes
Bottom: All three are saba no mizu ni (mackerel simmered in water).
上、左から右へ: ホールトマト、角切りトマト、スイートコーン
中: ゆであずき(茹で小豆)、さんま蒲焼、ツナフレーク
下: 3つとも鯖(さば、サバ)の水煮です。

Some of the ingredients for magic furikake:
魔法のふりかけの材料をいくつか:

White sesame seeds, pepper (black pepper or “table pepper”, which is a mixture of white and black peppers, if I remember correctly, and is probably available in Japan only), and two cans of mackerel
A can of mackerel contains about 200-180 g simmered mackerel.
白胡麻(しろごま)、胡椒(コショウ、こしょう)(黒コショウか「テーブルコショウ」(確か、白コショウと黒コショウのミックス、たぶん日本でしか入手できないと思います)、サバ缶2つ。
サバ缶ひとつには、煮たサバがおよそ200~180グラム入っています。

The other ingredients are:
3 tbsp soy sauce
3 tbsp mirin
その他の材料は:
しょう油大さじ3
味醂(みりん)大さじ3

I was surprised to find that one of the cans required a can opener!
Dispose of the liquid, and put the mackerel in a pan.
(Or, keep the liquid and use it for other purposes.)
一方の缶は缶切りが必要だと知り、びっくりしました。
液は捨て、サバをフライパンにあけます。
(または、液をとっておき、他の用途に使って下さい。)

Add some pepper and some sesame seeds. I cannot say how much sesame seeds, just as much as you want!
コショウと胡麻を入れます。胡麻はどのくらいか言えません。入れたいだけ入れて下さい!

On the counter top, mash the mackerel with a spatula.
カウンターで、へらを使ってサバをつぶします。

Put the pan on the stove and heat, constantly stirring, for about 3-5 min., until moisture is gone.
コンロにかけ、混ぜながら、水分がなくなるまで約3~5分、加熱します。

Add soy sauce and mirin. (I used jozo chomiryo (fake mirin), not hon mirin.)
しょう油とみりんを入れます。(私は本味醂ではなく、醸造調味料(偽者のみりん)を使いました。

Keep heating for 1-2 min., constantly stirring, until moisture is gone.
水分がなくなるまで1~2分混ぜながら、加熱します。

When it has cooled, transfer to a container. It can keep for one week or much longer in a fridge.
冷めたら、容器に移します。冷蔵庫に入れれば、1週間、またはそれ以上もちます。

My furikake is more like tsukudani than furikake because it is soft and moist.
For those of you who don’t know what tsukudani is, here is one example:
私のふりかけは、柔らかくて水分があるので、ふりかけというより、佃煮のようです。
佃煮が何か分からない人のために、これが一例です。

Nori tsukudani, which is seasoned with say sauce, sugar, and other seasonings.
海苔の佃煮です。しょう油、砂糖などの調味料で味付けされています。

Comments on Facebook