Making Hoshi Gaki (Dried Persimmons)/干し柿作り

Japanese Food
Last Friday, I got a box of shibu gaki (astringent persimmons) from my father.  I checked them all and found 27 of them were without T-shaped twigs.  I decided to remove the astringency from them (“sawasu” in Japanese) with alcohol.
金曜日に父から渋柿を一箱もらいました。全部調べてみると、27個はT形の小枝がついていませんでした。その柿はアルコールで渋を抜く(「さわす」ことにしました。
In general, a spirit with an alcohol content of 35% or greater is used for this purpose.  A special spirit specifically for this purpose has an alcohol content of 47%!  I decided to try my shochu with  25% alcohol.
一般的に、渋抜きにはアルコール度数35%以上のお酒を使います。渋抜き専用のお酒は、アルコール度数が47%もあります。私は度数25%の焼酎を試すことにしました。 
Just dip the upper part of each persimmon in a container of shochu.
下記の上の部分を焼酎の入った容器に漬けるだけです。
This is a common step, and I followed it, wondering if it would be possible just to put all the permissions in a plastic bag and sprinkle some shochu over them.
それが一般的な方法なので、それに従いましたが、単に柿を全部ビニール袋に入れて、焼酎をその上にかけてもいいのではないかと思いました。
Put all the persimmons in a plastic bag, and seal the bag tight.
柿を全部ビニール袋に入れ、袋をきっちり閉じます。
Because of the less alcohol content, it may take a little more time to remove the astringency.  Ten days maybe?
アルコール度数が低いので、渋が抜けるのに時間がかかるかも知れません。10日間くらい?
My wife suggested that I remove the astringency from all the persimmons this way, but I protested.  I finally decided to remove the astringency from 20 more and dry the remaining 14.
妻は、柿を全部この方法で渋抜きしたほうがいいと言いましたが、私は反対しました。結局、さらに20個を渋抜きして、残りの14個を干すことにしました。
I dried them in the garage.
車庫に干しました。
While peeling, one persimmon lost its T-shaped twig, and I had to consider how to hang it.
皮を剥いている時に、柿が一つ、T形の枝がなくなってしまいました。どうやって吊るか考えました。
It will take one month to dry them completely.
完全に干すのに一ヶ月かかります。

Comments on Facebook