More on Mirin/味醂(みりん)に関してさらに

Japanese Food

(Continued from Mirin/味醂(みりん) dated August 11, 2009)
(2009年8月11日付けのMirin/味醂(みりん)からの続き)

Here are some notes on mirin.

I. Substitutes for mirin
One very common example:
For 1 tbsp (15 ml) mirin, substitute 1 tsp (5 ml) sugar plus 1 tbsp (15 ml) sake.

Mirin contains 40-50% sugar, but many people suggest a ratio of 1:3 (not 1:2) for sugar and mirin. I think that the reason for this is to compensate the sharp sweetness of sugar for the mild sweetness of mirin.

Some suggest using wine instead of sake, and some suggest substituting honey if you want to give gloss and luster to your dish.

In his book, Japanese Cooking: A Simple Art, Shizuo Tsuji wrote:
If you cannot find mirin, do not try to sweeten sake with sugar as is sometimes recommended. Rather, use sugar alone, substituting 1 tsp sugar for 1 Tbsp mirin.

He did not, however, state the reason why.

I’m not sure why, but here is one clue:

Sake and mirin both have these features:
1. Deodorize fish and meat.
2. Help flavors seep through the ingredients.
3. Bring out flavors and aromas.

These features are due to the presence of alcohol in sake and mirin.

Due to the presence of alcohol and sugars in mirin, mirin has the effect of keeping the ingredients from disintegrating. In other words, mirin toughens the ingredients. Mirin differs from sake in this respect, which softens the ingredients.

So, my suggestion will be:
Substitute 1 tsp sugar (with no sake or wine) for 1 tbsp mirin, if you simply want to add sweetness to your dish,
and add sake also, if you want the features of sake described above.

II. Which to use, mirin or sugar

Here is some general information:

1. For meat and fish, prefer mirin. (Remember the deodorizing effect of mirin.)
2. For dipping sauce for noodles, prefer mirin.
To make dipping sauce, you need a large amount of mirin. In such a case, it is recommended to boil off the alcohol of mirin before combining mirin with dashi and soy sauce.

Here are some of my preferences:
For meat and fish, I tend to use mirin only. For many nimono (simmered dishes), I also tend to use mirin only. For some dishes such as simmered kabocha, simmered hijiki seaweed, and simmered kiriboshi daikon, I tend to use sugar only.

Some recipes call for both mirin and sugar. The idea seems to be that sugar is used to provide the main sweetness and mirin is used to provide additional, mild sweetness, plus body and luster.

III. When to add mirin
Mirin is usually added to the pot at the beginning of a simmering process, but some people add mirin toward the end of a simmering process if they want to give gloss and luster to the dish. In this case, nikiri mirin (mirin with its alcohol evaporated beforehand) is preferred.

Here is how to boil off the alcohol of mirin:
Nikiri mirin
Click the link above, scroll down a little, and click one of
64k, 300k, and 1M, and the movie will start.

Two methods are presented there:
1. Simply boil off alcohol in a pot.
2. Tilt the pot slightly to set fire to the alcohol.

A simple and safe method will be to heat mirin in a microwave for some time, like I usually do.
***
味醂(みりん)に関することを幾つか述べます。

I. 味醂の代わり
とても一般的な例:
味醂大さじ1(15 ml)の代わりに、砂糖を小さじ1(5 ml)+お酒を大さじ1(15 ml)使う。

味醂には砂糖が40~50%含まれますが、砂糖:味醂の割合として1:3(1:2ではなく)を薦める人が多いです。これは、味醂のマイルドな甘さに対して砂糖のはっきりした甘さを補正するためだと思います。

また、お酒の代わりにワインがいいと言う人もいますし、料理に照りと艶(ツヤ)を与えるにはハチミツを使ったほうがいいと言う人もいます。

Japanese Cooking: A Simple Artという本で、著者の辻静雄は、こう書いています:
味醂が見つからない場合は、よく推奨されるように、お酒を砂糖で甘くするのではなく、砂糖だけを使ったほうがよい。味醂大さじ1に対して砂糖小さじ1で代用する。
(拙訳)

ただし、その理由を述べていません。

私もはっきり分かりませんが、ヒントはあります。

お酒と味醂はともに次の特徴があります。
1. 魚や肉の臭いを取る。
2. 具材に味が染み込み易くする。
3. 味と香りを引き出す。

これらの特徴は、お酒と味醂に含まれるアルコールのおかげです。

味醂に含まれるアルコールと糖類のため、味醂には具材の煮崩れを防ぐ効果があります。言い換えれば、味醂は具材を硬くします。この点、味醂は、具材を柔らかくするお酒とは異なります。

従って、私が薦める方法は、
料理に単に甘さを加えたい場合は、味醂大さじ1に対して、砂糖を小さじ1(お酒やワインは抜きで)使い、さらに、上述したお酒の特徴が必要ならば、お酒も使って下さい。

II. 味醂と砂糖のうち、どっちを使うか?

一般的な情報を述べます。

1. 肉や魚には、味醂のほうがいい。(味醂の消臭効果を思い出して下さい。)
2. 麺つゆには、味醂のほうがいい。
麺つゆを作るには、味醂が大量に必要です。このような場合は、味醂のアルコール分を煮切ってから、出汁としょう油にあわせたほうがいいです。

私の好みを幾つか:
肉や魚では、味醂だけを使うことが多い。煮物の場合も、味醂だけを使うことが多い。カボチャの煮付け、ひじきの煮物、切り干し大根の煮物などでは、砂糖だけを使うことが多い。

味醂と砂糖の両方を使うレシピーもあります。砂糖で主な甘さを与え、味醂でそれ以外のマイルドな甘さ、そしてコクとツヤを与えようとしているのだと思います。

III. 味醂をいつ加えるか?
通常、味醂は煮込みの最初に鍋に入れますが、料理に照りやツヤを出したい場合は、煮込みの終わり頃に味醂を入れる人もいます。この場合は、煮切りみりんを使ったほうがいいです。

味醂を煮切る方法です:
煮切りみりん
上記のリンクをクリックして、少しスクロールダウンして、
64k、300k、1Mのどれかをクリックすると、動画が始まります。

2つの方法が紹介されています:
1. 単に、鍋でアルコールを飛ばす。
2. 鍋を少し傾けて、アルコールに火をつける。

簡単で安全な方法は、私もよくやるように、電子レンジでしばらく加熱することです。

Comments on Facebook