Mushroom Workshop/きのこ講習会

Japanese Food
Every year, around this time of year, Niigata prefecture organizes mushroom workshops to help people gain correct knowledge of mushrooms and enjoy mushroom gathering in a safe way. I make it a point to participate in one of those workshops in every season. I really like the workshop held in Minami-Uounuma city because you don’t have to pay a participation fee, you don’t have to make an advance reservation, there is no limit on the number of participants, and above all, you are given mushroom soup for lunch for free!
毎年、今頃、新潟県では、きのこに関する正しい知識を身に着け、安全にきのこ狩りを楽しめるよう、きのこ講習会を開催しています。私は毎シーズン、このような講習会に参加することにしています。南魚沼市で行われる講習会は、参加費もかからず、事前予約は不要で、参加人数に制限はなく、また何より、昼食には、無料できのこ汁を出してくれるので、本当に大好きです。
This year, the workshop was held on October 15 at Cycling Terminal.
今年は、講習会は10月15日、サイクリングターミナルで行われました。 
 
The reception started at 10:00.
受付は10:00から始まりました。

First, the participants were allowed to go mushroom gathering in Mt. Hakkai.
まず、参加者は八海山できのこ狩りができます。

I was amused to see rice (center of the photo) hung to dry in the sun.
お米(写真の中央)が天日干しされていて、面白かったです。

It is said that sun-dried rice tastes much better than the machine-dried.
天日干しのお米は機械干しよりずっと美味しいと言われています。

I looked at the trees in the area. Most of them were cedar, but there were some pine trees.
エリア内の木を見ると、大半は杉でしたが、松の木も少しはありました。

When it comes to mushroom gathering, a cedar forest is the least interesting because sugiedatake (Strobilurus ohshimae) is one of the few edible mushrooms that can be found there.
きのこ狩りに関しては、杉林は一番面白くないです。そこで見つかる数少ない食用のきのこはスギエダタケくらいだからです。

I found two puffballs, but later found they were too old to eat.
ホコリタケを二つ見つけましたが、後で、老菌で食べれないことが分かりました。

Just cut it in half by hand or with a knife; it’s good to eat if it’s white inside.
手またはナイフで半分に切り、中が白ければ食べれます。

By the way, the organizer is really generous. At the reception, every participant was allowed to select one from three types of tea drink in PET bottles. I selected roasted green tea.
ところで、主催者は本当に太っ腹です。受付で、参加者はPETボトル入りのお茶飲料三種類のうち、どれか一つ選べました。私はほうじ茶を選びました。

After nearly two hours of searching, I found nothing but sugiedatake and the puffballs I mentioned above.
二時間近く探しても、スギエダタケと、上述のホコリタケ以外何も見つかりませんでした。
When I returned to the building, I was surprised to see that every participant was given not only one bowl of mushroom soup but also two onigiri (rice balls)! Very generous indeed!
建物に戻ると、参加者には、きのこ汁一杯だけでなく、おにぎりを二個ももらえたので驚きました。ホントに太っ腹です!

I didn’t expect that the soup contained amandare (honey mushrooms), and the amount of amandare was really touching! I found more than ten pieces in my soup. I also found some nameko and eryngii.
きのこ汁にアマンダレ(ナラタケ)が入っているとは期待していませんでした。アマンダレの量は、ホントに感動的でした!私の汁には10個以上入っていました。他にはナメコやエリンギも入っていました。

The one onigiri contained grilled salmon, and
一つのおにぎりには焼き鮭が入っていて、

the other contained salted kombu. You can see one of the two slices of takuan (yellow pickled daikon) in the photo.
もう一つのおにぎりには塩昆布が入っていました。写真には、二切れの沢庵のうちの一つも見えています。

After I had the delicious lunch, I started to watch the variety of mushrooms on display.
美味しい昼ごはんを食べてから、展示されている様々なきのこを見始めました。

To be continued.
続く。

Comments on Facebook