My Father’s Temae Miso/父の手前味噌

Japanese Food

The word temae (lit. hand + before/in front of) has a number of meanings. It can be used to refer to the first person (and even the second person in some situations). Thus, temae miso literally means my/our miso, but it actually means self-praise, because almost everyone wants to boast of the miso they make themselves.
(The theme of episode 2 of the TV drama, Osen, is miso.)

手前という言葉には色々な意味があるますが、一人称を(状況によっては二人称も)指すのにも使われます。したがって、手前味噌とは元々は自分の味噌のことですが、実際は自慢という意味です。誰でも自分で作った味噌を自慢したくなるからです。
テレビドラマ「おせん」の第二話のテーマは味噌です。)

Today, I got 13-kg of home-made miso from my father.
今日、父から自家製の味噌を13キロもらいました。

I tried to put all the miso in the fridge and the freezer.
味噌を全部、冷蔵庫と冷凍庫に入れようとしました。

But, I gave up the attempt halfway through. I think I’ll store the rest (more than half) in a cool, dark place.
でも、途中で諦めました。残り(半分以上)は冷暗所に保管しようと思います。

It’s not true that miso can never go bad. It may be true of traditional, very salty miso, but modern less salty miso can go bad if not properly stored.
味噌は決して腐らないというのは間違いです。昔ながらのとても塩辛い味噌はそうかも知れませんが、現代風のあまり塩辛くない味噌は、正しく保存しないと腐ってしまうことがあります。

I think I’ll use my father’s temae miso in a variety of dishes!
父の手前味噌を色んな料理に使おうと思います!

Comments on Facebook