My Nukadoko on August 22/私の糠床、8月22日

Japanese Food
On August 13, the first day of O-bon, I put my nukadoko in the vegetable compartment of the fridge, hoping to restart nukazuke making after returning from my father’s house. Sadly, however, my wife reported that we could no longer get cucumbers from her father. So, on August 22, I took my nukadoko out of the fridge to put it back into the freezer again.
8月13日(お盆の初日)に、糠床(ぬかどこ)を冷蔵庫の野菜室に入れました。私の実家から帰ってから、ぬか漬けを再開できると期待していたのですが、悲しいことに、妻が言うには、妻の実父からはきゅうりはもうもらえないそうです。そこで、8月22日、糠床を冷蔵庫から出し、冷凍庫にまた入れました。
My nukadoko was in the vegetable compartment (at around 10C) for nine days, yet I didn’t notice any signs of spoilage. No film yeast on the surface, and I could smell that familiar smell.
糠床は野菜室(10C前後)に9日間も入っていたのに、腐敗した様子はなく、表面に産膜酵母もなく、いつもの臭いがしました。
   

I stirred it with a pair of cooking chopsticks for aeration.
菜箸で混ぜて、空気を通しました。

I have found that a pair of chopsticks is the ideal tool for this purpose. I have also found that I need not turn the nukadoko upside down. All I need is to aerate the nukadoko.
空気を通すには箸が最適ということが分かっています。また、糠床を逆さまにする必要はないことも分かっています。ただ糠床に空気を通せばいいのです。

Then, I patted the nukadoko to release the air and flatten the nukadoko.
そして、糠床を軽く叩いて、空気を抜き、糠床を平らにしました。

I first put the Tupperware container in an I-Wrap bag and then in a plastic bag.
まずはタッパーをアイラップに入れ、次にレジ袋に入れました。

Then, I put it in the freezer.
そして冷凍庫にいれました。

I hope I can take it back from the freezer for another nukazuke session soon.
早く冷凍庫から出して、またぬか漬けを始めたいです。

Comments on Facebook