Natsumikan Marmalade, Part 2/夏みかんのマーマレード、パート2

Japanese Food
Today, I changed the water three times in total, until my wife said it was OK.
今日は、妻がOKと言うまで、3回水を替えました。
In an enameled pot, I added 3/5 of the natsumikan flesh (including membranes and pips) and 3/5 of the peels.  My wife asked me to reduce the amount of sugar, so  I added 350 g.  The natsumikan to sugar ratio was about 3:1, much lower than the ratio of 2:1 in one recipe I found.
ホウロウ鍋に、夏みかんの果肉(袋の皮も種も含む)の3/5と皮を3/5入れました。砂糖の量を減らして、と妻が言うので、350 g入れました。夏みかんと砂糖の割合は約3:1で、私が見つけた或るレシピの2:1という割合よりずっと低いです。
I heated the pot on and off for a total of one hour or so.  While so doing, I added about 400-600 ml of water to keep the contents from scorching.  I asked my wife to taste some because she is a better judge of marmalade (I really don’t care for marmalade), and I got an endorsement from her, but she added that the marmalade was still runny.  So, I heated it for some more time to reduce the water.
火をつけたり消したりしながら、鍋を合計1時間程度加熱しました。その間に水を400~600 ml足して、中身が焦げないようにしました。妻のほうがマーマレードの味が分かるので(私自身はマーマレードはあまり好きではありません)、味見してもらいました。妻からお墨付きを頂きましたが、まだ水っぽいと言うので、もうしばらく加熱して水分を減らしました。
Very rustic-looking marmalade, I should say (laugh).
とても田舎風のマーマレードと言うべきでしょうか(笑)。
Next, I have to deal with the remaining 2/3 of the peels.
次は、残りの2/3の皮をどうにかしないと。 

Comments on Facebook