Negitoro Don/ねぎとろ丼

Japanese Food
I made negitoro don as part of supper tonight.
今日の夕飯にはねぎとろ丼を作りました。
 
This is the first harvest of ao jiso (green perila).
青紫蘇(あおじそ)の初めての収穫です。
The other day, I bought some bannou negi (bottom). Bannou (lit. versatile) negi is a type of ao negi.
Believe it or not, this is probably the second time that I have ever bought ao negi.
As you may know, naga negi (top and middle) is popular in Kanto (Eastern Japan), while ao negi is poular in Kansai (Western Japan). I am a Kanto man, and for me, negi is naga negi.
先日、万能ねぎ(下)を買いました。万能ねぎは青ねぎの一種です。
信じられないかもしれませんが、青ねぎを買うのはこれで多分二回目です。
知っていると思いますが、関東では長ねぎが一般的で、関西では青ねぎが一般的です。私は関東人なので、ねぎと言ったら、長ねぎです。
The upper green part of naga negi is usually disposed of, or can be used to make a broth for ramen or something.
長ねぎの上の青い部分は通常は捨てるか、またはラーメンなどのスープを作ったりするのに使います。
 
This label says that Hakata Bannou Negi is the only negi that can be called Bannou Negi and that Bannou Negi is a registered trademark. Hakata is the name of a place in Kyushu. 
このラベルには、「万能ねぎと呼べるのは「博多万能ねぎ」だけ。万能ねぎは登録商標です。」と書かれています。博多とは九州にある場所の名前です。
Here are the ingredients of negitoro don:
ねぎとろ丼の具材です。 
Grated naga imo, vinegared rice, green perilla and shredded green perilla, finely chopped bannou negi, shredded nori, and of course, negitoro.
すった長芋(ながいも)、酢飯、青紫蘇と青紫蘇を刻んだもの、刻んだ万能ねぎ、細く切った海苔、そしてもちろんねぎとろ。
 
I asked my family to make negitoro don by themselves. My style. My daughter was very cooperative. I mean, she let me take a photo of her negitoro don.
家族に自分でねぎとろ丼を作るよう頼みました。私のやり方です。娘はとても協力的で、ねぎとろ丼の写真を撮らせてくれました。
 
She kept saying that the negitoro was tasty. The sauce was a 1:1 mixture of store-bought mentsuyu (noodle soup) and soy sauce.
娘はねぎとろが美味しいと何度も言ってました。たれは市販の麺つゆとしょう油を1:1で混ぜたものです。
 
My negitoro don:
私のねぎとろ丼: 
Small portion, because I’m on a diet.
ダイエット中なので、量は少なめです。
 
Today, I bought a pack of aji sashimi.
今日はアジの刺身を1パック買いました。  
I also bought a bottle of sake.
またお酒も一瓶買いました。 
Kakurei Nama.
鶴齢生。
 
According to Wikipedia, Kintaro Sushi in Asakusa, Tokyo was the first sushi shop that served negitoro, and Akagi Suisan Co., Ltd. commercialized negitoro for the first time in 1987.
Wikipediaによると、東京浅草の金太郎鮨がねぎとろを初めて出した寿司屋で、赤城水産株式会社が1987年にねぎとろを初めて商品化したそうです。

Edited to add:
Originally, negitoro is made from the flesh on the nakaochi (backbone). To view what the nakaochi looks like, click here and view the third video from the last. Such real negitoro is hard to come by. Mine is a combination of bigeye, yellowfin, and Southern bluefin tuna plus edible oil. Low-quality negitoro is a combination of albacore and yellowfin tuna plus edible oil.
追記:
元々、ねぎとろとは、中落ちの身から作ります。中落ちがどんなものかは、ここをクリックして、最後から3番目のビデオを見てください。このような本当のねぎとろはなかなか手に入りません。私が買ったのは、メバチ、キハダ、ミナミまぐろと食用油を混ぜたものです。低品質のねぎとろは、びんちょう(びんなが)やキハダまぐろと食用油を混ぜたものです。

Comments on Facebook