New Rice Cooker!/新しい炊飯器!

Japanese Food
I bought this IH (induction heating) rice cooker in 1999 for around 15,000 yen, when my previous “maikon” (microcomputer-controlled) rice cooker broke.
1999年、以前のマイコン炊飯器が壊れてから、このIH炊飯器を買いました(約15,000円)。

It still functions normally, but part of the coating inside the inner pot is peeled off.
まだ正常に動くのですが、内釜(うちがま)のコーティングが一部剥げています。

So, I decided to purchase a new one. The only drawback of this particular IH cooker was that the inner lid was not detachable. As a matter of fact, when I purchased it, I had no idea that there were such products. I had assumed that the inner lids of all rice cookers were detachable.
というわけで、 新しいのを買うことにしました。このIH炊飯器の唯一の欠点は、内蓋(うちぶた)が外せないでした。実際のところ、購入した際は、そんな製品があるとは思いもしませんでした。炊飯器の内蓋はどれも外せると思い込んでいました。

I searched for an 1-sho IH rice cooker with a detachable inner lid in the price range of up to 20,000 yen.
1 sho is equivalent to ten go and 1,800 ml.
価格は2万円以下で、内蓋が外せる1升のIH炊飯器を探しました。
1升は、10合、1,800 mlです。
I got this one for less than 15,000 yen.
15,000円未満でこれを見つけました。
 

As you can see, the inner lid is detachable.
ご覧の通り、内蓋は外せます。

The inner pot is black, and has a round bottom.
内釜は黒くて、底が丸まっています。

These two cups came with this product.
この2つのカップが付いてきました。

The left one is for measuring non-wash rice.
左のは無洗米(むせんまい)を測るカップです。

Also supplied was the rice paddle on the right.
右側のしゃもじも付いてきました。

The left one came with the previous IH rice cooker.
左のは、前のIH炊飯器に付いてきたものです。

Although embossed rice paddles like the right one are very popular these days, because they are touted as being free from sticking of rice, I will continue to use the left one. One reason is that an embossed rice paddle is hard to keep clean. Besides, I have never had any problems with the left one; no rice sticks to it.
右のしゃもじのようなエンボス加工のしゃもじは、ご飯がつかないという宣伝文句で最近はとても人気があるのですが、私は左のを使い続けるつもりです。理由の一つは、エンボス加工のしゃもじは、きれいにするのが大変だからです。それに、左のしゃもじに問題は全然ありません。ご飯はくっつきません。

I’m not going to dispose of my previous rice cooker. I think I’ll use it for sous-vide recipes.
前の炊飯器は捨てずに、真空調理に使おうと思います。

Comments on Facebook