Nozawana Turnip Oyaki/野沢菜の蕪のおやき

Japanese Food
As part of supper tonight, we had nozawana turnip oyaki made by my father.
今日の夕飯には、父が作った野沢菜の蕪のおやきを食べました。
My father completed the filling well before 10 o’clock in the morning.
午前10時よりずっと前に父は、中に入れる餡を完成させました。

Nozawana turnip simmered with miso and sugar.
味噌と砂糖と一緒に似た野沢菜の蕪です。

And, he completed the oyaki around 3 o’clock in the afternoon.
そして、午後3時ごろにはおやきを完成させました。

My father said they turned out messy…
父は、めちゃくちゃになっちゃたと言ってました。

Here are some passable ones.
まあまあ良くできたのもあります。

They may look gross, but actually taste quite good.
気持ち悪いかも知れませんが、とても美味しいです。

He used to be able to make much better looking ones when he was younger.
若い頃は、もっと見栄えのいいのを作れました。

Note: The term oyaki has become quite popular these days, but the locals including my father tend to use the term yakimochi instead. The former sounds politer than the latter.
注: おやきという言葉がこの頃は一般的になりましたが、父を含め、地元の人たちは、やきもちという言葉を使う傾向があります。前者のほうが後者より丁寧に聞こえます。

Comments on Facebook