Okonomiyaki with Yamato Imo in It/大和芋入りのお好み焼き

Japanese Food
Late last year, my father sent us this yamato imo together with other foodstuffs.
去年末、父からこの大和芋(やまといも、ヤマトイモ)や他の食材をもらいました。
My father said he got some yamato imo from an acquaintance. Yamato imo is a type of yama imo (lit. “mountain potato”, yam). I’ve never seen yamato imo of such a strange shape.
Images of yamato imo
知り合いから大和芋をもらったそうです。大和芋は山芋の一種です。こんな奇妙な形のヤマトイモを見るのは初めてです。
 
We used it to make tororo soba first, and then mugi toro.
まずはとろろそばに、次に麦とろに使いました。
And, as part of supper last night, I used the rest of the yamato imo to make okonomiyaki.
そして、昨日の夕飯に、残りのヤマトイモを使ってお好み焼きを作りました。
 
About 500 g.
約500 gです。

I don’t like to peel the yamato imo because the skin is not thick and the part just below the skin is the most delicious part, but I peeled most of the skin because it was very soily, even after I scrubbed it with a tawashi.
大和芋の皮は薄く、また皮のすぐ下の部分が最も美味しい部分なので、皮を剥くのは嫌いなのですが、束子(たわし)でこすっても泥がついているので、皮は大部分剥きました。 

I added 600 g cabbage, and checked the texture. Then, I decided to add:
100 g flour
1 tbsp baking powder
200 ml milk
1 pack of sakura ebi (dried small shrimp)
キャベツを600 g入れ、柔らかさをチェックしました。 そして、次のものを入れることにしました:
小麦粉100 g
ベーキングパウダー 大さじ1
牛乳 200 ml
桜えび 1パック
I made four okonomiyaki in total, using two 18-cm diameter frying pan.
直径18 cmのフライパンを2つ使って、お好み焼きを全部で4枚作りました。 
My trick for flipping over using a plate worked fine, even though the dough is very soft because of the addition of yamato imo.
大和芋を入れたため、生地はとても柔らかいですが、私の、お皿を使ってひっくり返す技はうまく行きました。  
 
We also had leftover tonjiru (pork soup) and some other leftovers.
残りの豚汁や他の残り物も食べました。 
I also boiled some natsumikan peels. They are now in the fridge. I will simmer them with sugar later.
夏みかんの皮も茹でました。冷蔵庫にしまってあります。後で砂糖で煮ます。  
I almost forgot to upload this photo:
この写真をアップするのを忘れてました:

As always, my okonomiyaki is moyo-less.
いつも通り、私のお好み焼きは、マヨ抜きです。

Comments on Facebook