Oshibori (Udon)/おしぼり(うどん)

Japanese Food
Oshibori udon, or simply oshibori, is a local dish of some parts of Nagano (aka Shinshu). I’ve been familiar with this local dish since childhood, and have never liked it. Much to my annoyance, my father likes it very much. The broth contains ground walnuts, ground naganegi, juice from grated daikon, and miso.
おしぼりうどん(または単に「おしぼり」)は長野(信州)の一部の地域の郷土料理です。この料理は子供の時から知っていますが、好きではありません。困ったことに、父は大好きです。汁には、すったクルミ、すった長ネギ、大根おろしの汁、味噌が入っています。
For today’s supper, my father made udon, using wheat flour.
今日の夕飯に父は小麦粉でうどんを作りました。
In the evening, my father started making the broth. He ground the walnuts first. Later, he said he had forgotten to grind naga negi first.
夕方、父は汁を作り始めました。まずクルミをすりました。後で、最初に長ネギをするのを忘れたと言ってました。 

I grated a whole aokubi daikon.
私は青首大根を一本おろしました。

For authentic oshibori udon, you must use nezumi daikon, like these ones. My father said he could stand the pungency of nezumi daikon no longer.
本当のおしぼりうどんには、このようなねずみ大根を使います。父は、ねずみ大根の辛味はもう耐えられないそうです。

These are the udon noodles my father made.
これが父が作ったうどんです。

My father completed the broth by adding naga negi, miso, and juice obtained by squeezing the grated daikon. I boiled the udon for 5+ minutes.
父は、長ネギ、味噌、大根おろしを絞って取れる汁を入れて、汁を完成させました。私はうどんを5分以上茹でました。

My father served me a generous amount of udon…
父は、私にうどんをたくさんくれました…。

Well, I wouldn’t mind having oshibori udon once in a while, although I really don’t think I can like it.
たまには、おしぼりうどんを食べてもいいとは思いますが、決して好きにはならないと思います。

Comments on Facebook