Pickled Nozawana Root/野沢菜のかぶの漬物

Japanese Food

My father comes from Shinshu (Nagano), and I have been familiar with some of its local dishes since childhood.  The other day, my father sent us another box of foodstuffs, including five yakimochi or oyaki (fried wheat flour dough with filling inside).
父は信州(長野)出身なので、私は子供の頃から、信州の郷土料理に馴染みがありました。先日、父からまた食料が一箱送られてきました。中には「やきもち」(おやき)も入っていました。

The filling was pickled nozawana seasoned with miso.
具は野沢菜漬けを味噌で味付けたものです。

These particular home-made, rustic yakimochi may not look appetizing, so here are the results of Google image search for Shinshu oyaki.
I must say that I prefer home-made ones.  In general, commercially available yakimochi are sweeter, and contain baking powder.  I also prefer the word yakimochi to oyaki.  Yakimochi is the word my father uses, and oyaki is a newer, more refined word.
こんな自家製で田舎風のやきもちは美味しく見えないかも知れないので、信州 おやきのGoogleイメージ検索の結果をご参照下さい。
私としては、自家製のほうが好きです。一般的に、市販のやきもちは甘く、またベーキングパウダーが入っています。また、おやきという言葉より、やきもちのほうが好きです。父は「やきもち」という言葉を使っています。「おやき」は新しい、上品な言葉です。

The box also contained a large amount of kiriboshi daikon.
箱には切干し大根も沢山入っていました。

And these mysterious greens.
そしてこの奇妙な菜っ葉も。

And, turnips?
そして蕪(かぶ)?

I thought something was wrong with the box, so I phoned my father immediately.  As we talked, my father realized that the box was not for us but for her sister.
この箱は何かおかしいと思い、父にすぐ電話しました。話しているうち、この箱は私たちのではなく、妹に送る箱だったことに父は気付きました。

I felt sorry for my aunt.  My father said she really wanted to make yakimochi with these “turnips”.  He said we could keep them, because he still had some in his field.  He suggested that I make yakimochi with them, but I thought it would be a daunting task, so I decided to pickle them instead.
叔母に悪いと思いました。この「かぶ」を使ってやきもちを作りたかったそうです。でもまだ畑に残っているので、私たちがもらっていいと言ってくれました。やきもちを作ったらどうか、と言われましたが、大変な仕事だと思ったので、代わりに漬けることにしました。

I first pickled them in 2% salt and some kombu.
まずは2%の食塩と昆布で漬けました。

I tasted them the next day.  Not bad, but I added some sugar and vinegar.
次の日、味見しました。悪くはないですが、砂糖とお酢を入れました。

Tasted much better!
もっと美味しくなりました!

These “turnips” are actually the roots of nozawana.  Nozawana is grown for its stems and leaves, and the roots are usually left in the field, uneaten.
この「かぶ」は実は野沢菜の根っこです。野沢菜は茎と葉を食べるために栽培され、根は通常、畑に残したまま食べません。

I wonder why such delicious roots are left uneaten…
なんでこんな美味しい根っこを食べないんでしょう・・・。

The mysterious greens were nozawana stems and leaves.  I pickled them in salt.
奇妙な菜っ葉は野沢菜の茎と葉でした。塩漬けしました。

Comments on Facebook