Renkon Hamburgers/レンコンハンバーグ

Japanese Food

As part of tonight’s supper, I made renkon (lotus root) hamburgers.
今日の夕飯にはレンコンハンバーグを作りました。

Ingredients: 300 g renkon
1/4 tsp salt
2 tbsp katakuriko (potato starch)
Oil for pan-frying 
(I used sesame oil this time.)
材料:
レンコン 300 g
塩 小さじ1/4
片栗粉 大さじ2
フライパンで焼くための油

Peel renkon, and coarsely grate it.
レンコンの皮を剥き、粗くおろします。

I used my oni-oroshi, bought at a 100-yen shop, to coarsely grate it. Oni-oroshi made of bamboo cost more than 1,000 yen.
私は、粗くおろすのに、百円ショップで買った、鬼おろしを使いました。竹でできた鬼おろしは千円以上します。

Add salt and katakuriko, and mix well.
塩と片栗粉を入れ、よく混ぜます。

I separated it into small pieces because I wanted to use some as an okazu for my son’s bento tomorrow morning.
明日の朝、息子の弁当のおかずとして使えるように、小さく分けました。 

Pan-fry with some oil.
フライパンに油を少しひいて焼きます。

Done!
完成!
I also made vegetable stir-fry (bean sprouts and cabbage only; no meat), spinach ohitashi, and soboro.  We had left-over miso soup.
野菜炒め(もやしとキャベツだけ、肉なし)、ほうれん草のおひたし、そぼろも作りました。残りの味噌汁を飲みました。
The renkon hamburgers were a big hit with my family!  My daughter said, “Mochi-mochi shite te oishii” (It has a mochi-like texture and it’s delicious).
レンコンハンバーグは家族にとても受けました!娘はこう言いました、「もちもちしてて、美味しい」。
Mochi-mochi means a mochi-like texture.  In general, the Japanese like a mochi-like texture.  For example, many Japanese like “mochi-mochi shita” (mochi-like textured) bread.
「もちもち」とは、もちのような食感という意味です。一般的に日本人はもちのような食感が好きです。例えば、もちもちしたパンを好きな日本人が多いです。
Some renkon hamburger recipes call for dried shrimp, naga negi, etc., etc.
乾燥海老や長ねぎなどを入れるレシピ-もあります。

Comments on Facebook