Saba no Miso Ni (Mackerel Simmered in Miso)/さばの味噌煮

Japanese Food

I made saba no miso ni as part of supper tonight.

Saba = Mackerel
No = ‘s
Ni < Niru (to simmer)
今日の夕飯は、さばの味噌煮を作りました。

First, cut an x on the skin of each of four slices of saba.
Then, pour boiling water over them to remove odor.  This step is called shimofuri (lit. frosting).
Shimofuri can also mean marbled/marbling, as in shimofuri niku (marbled meat).
Place in a frying pan, and add: 

175 ml water
25 ml sake
1 knob ginger, sliced

Then, I decided to add mirin (about 50 ml), not sugar, to the pan.

Put on an otoshi buta (lit. drop lid) or something similar (aluminum foil or paper towels), and put on a lid.  Simmer for 2-3 min.  Add some miso (2-3 tbsp) to the pan.  Simmer for another 5 min. or so.

まずは、4枚のさばの切り身の皮それぞれにXの切れ目を入れます。
次に、熱湯をかけて、臭みを取ります。これを霜降りと言います。
霜降りは、霜降り肉など、marbled/marblingという意味もあります。
フライパンに入れ、以下のものも入れます:
水 175 ml
お酒 25 ml
薄切りした生姜 ひとかけ

それから、砂糖ではなくみりんを(約50 ml)入れることにしました。

落し蓋や類似した物(アルミホイルやキッチンペーパー)を載せ、蓋をします。2~3分煮ます。味噌を少し(大さじ2~3)入れます。さらに5分程度煮ます。

I tasted the liquid before adding additional miso, and decided not to add any more miso.
味噌を足す前に汁を味見して、味噌は足さないことにしました。
The resultant saba no miso ni was much less sweet and salty than canned.
出来上がったさばの味噌煮は、缶詰のより砂糖も塩分も控えめです。

Comments on Facebook