Seafood Okonomiyaki/シーフードのお好み焼き

Japanese Food

As part of supper tonight, I made seafood okonomiyaki.
今日の夕飯には、シーフードお好み焼きを作りました。

I used store-bought, premade okonomiyaki mix, which contains yamaimo and dashi among others. Part of the reason why I wanted to make okonomiyaki was that I wanted to use up all the ten kasu (also called age dama) that I had stored in the freezer. Ten kasu is a byproduct of tempura making. You scoop up the tiny bits of tempura batter from the pot while making tempura. You can just throw them away, but stingy people like me just couldn’t do that!
市販の出来合いのお好み焼き粉を使いました。山芋や出汁が入っています。お好み焼きを作りたかった理由の火等は、冷凍庫に入れてあった天カス(または揚げ玉)を使い切りたかったからです。天カスは天ぷらを作っている最中にできる副産物です。天ぷらを作っている時に鍋から小さな天ぷらの衣の粒をすくい上げます。捨ててもいいですが、私のようなけちな人間はとても捨てられません。

Home-made tenkasu in the middle:
中央に自家製の天カスが見えます。

I made a terrible mistake of putting frozen seafood to the okonomiyaki batter. Frozen seafood thawed while being pan-fried, making the batter very watery. I managed to make four passable okonomiyaki.
冷凍のシーフードをお好み焼きの生地に入れるというひどい過ちを犯してしまいました。冷凍のシーフードは焼いている間に解答し、生地がとても水っぽくなってしまいました。どうにかお好み焼きを4枚作りました。

For 4 okonomiyaki with a diameter of 18 cm, you will need:
400 g cabbage
200 g water
200 g okonomiyaki mix
2 eggs
1 pack (270 g) frozen seafood
Home-made tenkasu
Note: The weight of cabbage should be equal to the total weight of water and okonomiyaki mix.
直径18 cmのお好み焼きを4枚作るのに必要な具材:
キャベツ 400 g
水 200 g
お好み焼き粉 200 g
卵 2個
冷凍シーフード 1パック(270 g)
自家製天カス
注: キャベツの重さは水とお好み焼き粉の重さの合計と同じにします。

My toppings are:
Beni shoga (red pickled ginger)
Dried bonito shavings
Ao nori (a type of seaweed)
Equal amounts of chuunou sauce and ketchup
No mayonnaise for me. My daughter put a lot of mayonnaise on hers.
私のトッピングは:
紅しょうが
鰹節
青海苔
中濃ソースとケッチャップを同量
マヨネーズは使いません。娘は自分のお好み焼きにマヨネーズをいっぱい載せました。

Some people like to use okonomiyaki sauce, which is sweet, but a combination of chuunou sauce and ketchup is good enough for us.
甘いお好み焼きソースを使いたがる人もいますが、私たちには中濃ソースとケチャップの組み合わせで十分です。

Comments on Facebook