Shigefusa Kuro-Uchi (Black-Finish) Nakiri, 150 mm/重房黒打菜切り、150 mm

Japanese Food
I have received these photos from the owner of a Shigefusa kuro-uchi nakiri with a blade length of 150 mm, who recently bought it from Yoshizawa Riko through me.
重房黒打菜切り(刃渡り150mm)の所有者から、次の写真を頂きました。最近、吉沢利工から私を介して購入したものです。
Owner’s comment: The knife has a great balance in hand, it’s more blade heavy and the balance point is about 4.5cm from the top of the ferrule.
所有者のコメント:手にしたバランスがいい。刃のほうが重く、平衡点は、口金の上部から4.5cmあたりのところ。
Owner’s comment: I love the thickness of the tang and how quickly it tapers off towards the tip of the knife. I have not seen this type of distal taper on any other knife.
所有者のコメント: 中子(なかご)の厚みがいい。また、切っ先に向かって急速に細くなっているのもいい。このようなテーパリングは他の包丁では見たことがない。
Owner’s comment: even though it is a Kurouchi finish, the edge of the blade is mirror polished.
所有者のコメント:黒打ち仕上げだが、刃先は鏡面研磨されている。
Owner comment: All in all, it’s wonderfully brilliant
所有者のコメント:驚くほどに素晴らしい。


The owner is honest enough to point out “one not so positive point” about the knife.
所有者は正直に、この包丁の「あまり良くない点」を指摘してくれました。
Owner’s comment: The knife has a tiny chip on the ferrule…
所有者のコメント: 口金に小さな傷がある
And, another point:
またもう一点:
Owner’s comment: the ferrule and the handle are not ‘flush’ together,
所有者のコメント: 口金と柄が同一平面でない
Finally,
最後に、
Owner’s comment: Obviously the positives by far outweight everything else,
所有者のコメント:いうまでもなく、いい点のほうが他の点を上回る。

Comments on Facebook