Shougoin Daikon, etc./聖護院大根など

Japanese Food
Today, I got another box of foodstuffs from my father, which included one shougoin daikon and more than ten yuzu.
今日は、また父から食料を1箱もらいました。聖護院大根が一本と柚子が10個以上入っていました。
I phoned my father to thank him, and he said that shougoin daikon was best in miso soup.  So, I decided to put some of it in miso soup.  As you can see from the photo below, shougoin daikon is dense.
お礼を言うため、父に電話すると、聖護院大根は味噌汁に入れるのが最高だと言うので、少し味噌汁に入れることにしました。次の写真で分かるように、聖護院大根は身がしまっています。 
I also added some komatsuna (a type of green) to the miso soup.
小松菜も少し味噌汁に入れました。
Despite what he said to me, I think shougoin daikon is better in simmered dishes and when pickled.
父はそう言ってますが、私は聖護院大根は煮物や漬物にしたほうが美味しいと思います。
A fukusai (side dish) I made for supper tonight was simmered hijiki.  As usual, I added some uchi mame.
今日の夕飯の副菜として、ひじきの煮物も作りました。いつも通り、うち豆を入れました。  
As I mentioned several times in my blog, uchi mame (lit. beaten beans) are soybeans beaten flat. They are a specialty of Niigata that I learned about after I came here.  A great advantage is that they can be cooked in a short time of about 5 min.
このブログで何回も述べているように、うち豆とは、平らに叩いた大豆のことです。新潟の特産で、私はこちらに着てから知りました。大きな利点は、5分程度という短時間で煮えることです。
The same old simmered hijiki
いつものひじきの煮物
You can also make hijiki salad, using mayonnaise.
マヨネーズを使って、ひじきサラダも作れます。
Another dish I made was kabocha soup.
他には、かぼちゃスープも作りました。
The shusai (main dish) was ground beef-and-pork hamburgers (scorched a little).
主菜は牛と豚の合い挽き肉のハンバーグです(ちょっと焦げちゃいました)。
I made grated daikon sauce with mentsuyu (noodle soup) concentrate, grated daikon, and vinegar.
濃縮タイプの麺つゆと大根おろしとお酢で、大根おろしソースを作りました。
I will add yuzu peel to pickled hakusai (Chinese cabbage).
柚子の皮は白菜の漬物に入れます。

Comments on Facebook