Tanindon/他人丼

Japanese Food

I made tanindon as part of supper tonight.
今日の夕飯には他人丼を作りました。

First of all, when I deep-fried pork balls yesterday evening, I remembered Sissi’s comment about how to keep tempura warm. So, I tried to keep the pork balls warm in the toaster oven after deep-frying them.
まず、昨日の夕方、豚団子を揚げていた時に、天ぷらの保温の仕方についてのSissiさんのコメントを思い出し、豚団子を揚げた後にオーブントースターで保温しました。

Tanindon
Tanin = Stranger(s)
Pork and eggs are strangers, right? (laugh)
Don is short for donburi (large rice bowl).
Tanindon is a variation of oyakodon.
Oyako = Parent and child
Chicken and eggs are parent and child, right (laugh)
Note: Tanindon may use beef, instead of pork.

他人丼
他人 = Stranger(s)
豚肉と卵は他人でしょ(笑)
丼(どん)は「どんぶり」の略です。
他人丼は親子丼の仲間です。
親子 = Parent and child
鶏肉と卵は親子でしょ(笑)
注: 他人丼は豚肉ではなく、牛肉を使う場合があります。

Ingredients for 6 servings
2 medium onion
300 g thinly sliced pork

300 ml water
1/2 tsp instant dashi
75 ml soy sauce
75 ml mirin
(Dashi, soy sauce, and mirion ratio = 4:1:1)
1 knob ginger, grated

6-8 eggs

6人分の材料
玉ねぎ 中 2個
豚の薄切り 300 g

水 300 ml
出汁の素 小さじ1/2
しょう油 75 ml
みりん 75 ml
(出汁、しょう油、みりんの割合= 4:1:1)
おろした生姜 1かけ

卵 6~8個

For details of how to make tanindon, search my blog for oyakodon and simply substitute pork for chicken.
他人丼の詳しい作り方は、このブログ内で親子丼を検索し、鶏肉の代わりに豚肉を使ってください。

This time, I used a frying pan to make tanindon for 6 servings at a time, not an oyakonabe to make tanindon for one serving at a time. Nevertheless, the resulting tanindon was as tasty.
Note that my family had the tanindon (I mean, tanindon topping) as a side dish.
今回は、親子鍋を使って一人分づつ作るのではなく、フライパンを使って、6人分の親子丼をを一度に作りました。それでも、出来上がった他人丼は美味しかったです。
私たち家族は他人丼(他人丼の具)をおかずとして食べました。

Comments on Facebook