Three Major Poisonous Plants in Japan/日本三大有毒植物

Japanese Food

The three major poisonous plants in Japan are torikabuto, doku zeri, and doku utsugi.
日本の三大有毒植物はトリカブト、ドクゼリ、ドクウツギです。

1. トリカブト, 鳥兜, torikabuto = Aconitum, aconite
The leaves resemble those of nirinsou (Anemone flaccida). Nirinsou is a favorite sansai. The two plants can be found in the same place.
葉はニリンソウ(二輪草)に似ています。ニリンソウは山菜です。両者は同じ場所に生えていることがあります。
Images of torikabuto/トリカブトの画像
Images of nirinsou/ニリンソウの画像

2. ドクゼリ, 毒芹, doku zeri = Cicuta virosa, water hemlock
The leaves resemble those of seri (water dropwort), one of the haru no nana kusa (seven herbs of spring). The two plants can be found in the same place.
歯はセリに似ています。セリは春の七草のひとつです。両者は同じ場所に生えていることがあります。
Images of doku zeri/ドクゼリの画像
Images of seri/セリの画像

3. ドクウツギ, 毒空木, doku utsugi = Coriaria
Images of doku utsugi/ドクウツギの画像

Comments on Facebook