Tonjiru Season!/豚汁の季節!

Japanese Food
It’s been rather cold here in Niigata prefecture, so I made tonjiru as part of supper last night.  Instead of peeling satoimo (taro) with a knife, I used a sheet to aluminum foil to do this job.
新潟県では寒い日が続いたので、昨日の夕飯には豚汁を作りました。
里芋の皮を剥くのに、包丁を使わないで、アルミホイルで剥きました。
Just crumple a sheet of foil into a ball and rub the satoimo.
ホイルをくしゃくしゃに丸めて、里芋をこするだけです。
To surprise my son, I bought a pack of honey mushrooms (naratake in Japanese) at the supermarket.
息子を驚かすため、スーパーでナラタケを買いました。
As I said several times here in my blog, naratake is called amandare here in the Uonuma region of Niigata, and is highly valued.  My son and I have been unlucky with naratake, having been unable to find it for years. 
このブログで何回も言っているように、新潟の魚沼地域では、ナラタケをアマンダレと呼び、珍重されています。息子と私は、ナラタケに関しては運が悪く、ここ数年、採れてません。
Tonight, we had the leftover tonjiru.
今晩は、残りの豚汁を飲みました。 
As you may know, freshly made tonjiru is good, AND tonjiru left overnight is even better!
知っていると思いますが、作りたての豚汁は美味しいですが、一晩置いた豚汁はもっと美味しいです!

Comments on Facebook