Trip to Tsudanuma, Chiba Part 2/千葉県津田沼への旅、パート2

Japanese Food

These two chairs and the table were the ones used in a TV commercial.
To see the commercial, go to the YouTube video. The commercial begins at around 1:38.
この2つの椅子とテーブルは、テレビコマーシャルで使われたものです。
そのコマーシャルを見るには、YouTubeビデオに行ってください。コマーシャルは1:38ごろに始まります。

Another item used in a TV commercial. I forgot the details.
これもテレビコマーシャルで使われたもの。詳細は忘れました。

The history of the Kuro (Black) Label started in 1977.
黒ラベルの歴史は1977年に始まったそうです。

Now, the main event: tasting!
さて、メインイベント。テイスティングです!

Each visitor can have up to two glasses of Kuro Label beer.
一人、黒ラベルのビールを2杯まで飲めます。

The visitors were each offered a bag of snack,
また、それぞれスナックを一袋もらえます。

which contains beer yeast, among others.
ビール酵母などが入っています。

The factory tour is about 50 minutes long. I wanted to stay there a little longer to buy some souvenir or something, but I had to hurry to catch the 12:00 bus.
工場見学は50分程度です。もう少し長くいて、お土産とかを買いたかったのですが、12時のバスに乗るため、急ぎました。

Chiba Beer En, restaurant nearby, where you can have several brands of factory-fresh beer and jingisukan, among others. A married couple of my age went inside after taking the factory tour.
近くの千葉ビール園。工場できたてのビール(複数の銘柄)やジンギスカンを食べれます。私と同世代の夫婦が、工場見学の後に入っていきました。

The factory tour costs 500 yen per person. You can have up to two glasses of Kuro Label beer and you will receive a glass at the end of the tour. Great value for its price.
工場見学は一人500円です。黒ラベルのビールを二杯まで飲め、見学の最後にグラスをもらえます。かなりお得だと思います。

You can ask the bus driver to let you get off near Shin Narashino Station before reaching Tsudanuma Station, although you have to walk for about ten minutes. I asked the driver to do so.
バスが津田沼駅に着く前に、新習志野駅の近くで降ろしてくれるようバス運転手に頼めます。10分程歩く必要があります。私はそうしてくれるよう運転手に頼みました。

It took only seven minutes or so.
7分程度しかかかりませんでした。

From Shin Narashino Station, I took the Keiyo Line to go to Kaihin Makuhari Station.
新習志野駅から、京葉線で海浜幕張駅まで行きました。

There are lots of interesting places to go, but 
面白い場所が色々ありますが、

my destination was…
私の目的地は…

Mihama En in the Makuhari Kaihin Koen (Park).
幕張海浜公園内の見浜園(みはまえん)です。

Much smaller than I had anticipated, although I did enjoy the contrast between the traditional Japanese garden and contemporary buildings. Probably I was the only visitor at that particular time, other than the wedding couple dressed in kimono to be photographed and the staff.
思ったよりずっと小さかったですが、伝統的な和風庭園と現代的な建物のコントラストを楽しみました。この時は、写真撮影のため着物を着ていたカップルと、そのスタッフ以外は、私だけしかいなかったと思います。

I also went to the tea house, Shourai Tei, located inside the park.
公園内にある茶室「松籟亭(しょうらいてい)」にも行きました。

Confection for the day:
その日のお菓子:

Butterburr sprout
ふきのとう

Bowl of matcha:
抹茶:

Park admission: 100 yen
Matcha and confection: 500 yen
公園の入場料: 100円
抹茶とお菓子: 500円

I returned to the station, and took the Keiyo Line again to go to Inage Kaigan Station. From there, I walked for about 2.0 km to the Sanyo Media Flower Museum, located in the Inage Kaigan Koen (Park).
駅に戻り、また京葉線に乗り、稲毛海岸駅まで行き、そこから、2.0 km程度歩いて、三陽メディアフラワーミュージアムに行きました。

This “flower museum” contains 48,000 plants of about 1,600 varieties.
この「花の美術館」では、約1,600種48,000株の植物が植栽されています。

Admission for an adult: 300 yen
大人の入場料:300円

I wanted to take more photos, but the digital camera battery had already run low, so I refrained from taking any more photos there, except this last one.
写真をもっと撮りたかったのですが、デジカメの電池がすでに減り始めて来たので、それ以上写真を撮るのを控えました。これが最後の写真です。

Then, I walked for 2.9 km to reach this public bathhouse, Yukai Sokai Mihama Ten.
それから、2.9 km歩いて、銭湯「湯快爽快みはま店」に着きました。

Naturally, I was unable to take photos of the bathing area of this bathhouse. Here is a link:
もちろん、この銭湯の入浴エリアは写真に撮れないので、リンクを貼ります。

Images of this public bathhouse/この銭湯の画像

I first took a bath, and then got a 40-minute massage. Then, I had a glass of beer (Kuro Label!).
Admission: 650 yen
40-minute massage: 3,900 yen
Glass of beer: Sorry, I forgot!
まずは風呂に入り、それから40分のマッサージをしてもらいました。それから、ビール(黒ラベル!)を一杯飲みました。
入館料: 650円
40分のマッサージ: 3,900円
ビール一杯: 忘れました!

The eating area of the bathhouse is very nostalgic, reminding any Japanese, especially those of my age, of the good old days in the Showa period.
この銭湯の飲食エリアはとてもノスタルジックで、どんな日本人も(特に私の世代の日本人は)、昭和の古き良き時代を思い出させてくれます。

It was already past 4 o’clock, but I walked for 1.8 km to Inage Kaigan Station, took the Keiyo Line one more time to go to Chiba Minato Station.
もう既に4時を過ぎていましたが、1.8 km歩き、稲毛海岸駅まで行き、もう一度、京葉線に乗り、千葉みなと駅に行きました。

I walked for about 10 minutes or so to reach my final destination for the day: Chiba Port Tower.
10分程歩き、その日の最終目的地に着きました。千葉ポートタワーです。

Photos taken from the viewing platform of the Tower.
タワーの展望台から撮った写真。

Soft-serve ice cream made from farm-fresh milk
しぼりたてのミルクから作ったソフトクリーム

260 yen. Very good!
260円。とても美味しかったです!

Luckily, I was able to take the 5:40 bus to JR Chiba Station, where I took the 6:03 train on the Somu Line to reach Tsudanuma at around 6:20. I hurried to the hotel to get the bag I had checked in. Just as I entered the hotel, I got a call from my son, saying “Where are you?” I had promised him to wait for him in front of the exam site at 6 o’clock, when the exam was over. I asked him to come to the station. At the station, I suggested to my son to check on his smartphone by himself whether he passed the exam of the private university.
運よく、JR千葉駅行きの5:40のバスに乗れました。総武線の6:03の電車に乗り、津田沼に6:20頃着き、預けておいたバッグを取りに、急いでホテルに行きました。ホテルに着くと、すぐ息子から電話があり、「今、どこ?」と聞かれました。試験が終わる6時には試験会場の前で待っていると約束してありました。息子に駅まで来てくれるよう頼みました。駅で、息子に私立大学の試験に受かったかどうか自分でスマホで調べたら、と言いました。

Max train at Tokyo Station
東京駅でのMax

As you can see from this YouTube video, the cleaning staff were very efficient in cleaning the Shinkansen train.
このYouTubeビデオで分かるように清掃員は、とても効率的に新幹線の電車を清掃していました。

We reached home a little over 22:00.
22:00ちょっと過ぎに帰宅しました。

***
Glass given to me at the Chiba Factory of Sapporo Beer.
サッポロビールの千葉工場でもらったグラス。

Surprisingly, my son said he wanted it, so I gave it to him as a souvenir for his success in the exam.
驚いたことに、息子が欲しいと言うので、入試合格の記念にあげました。

Souvenir for my family:
家族への土産:

Hiyoko (lit. chick). Very popular Tokyo souvenir.
ひよ子。とても有名な東京土産です。

You might feel a little guilty after having a bite…
一口食べた後に可哀そうなことをしたと思うかも。

Comments on Facebook