Tsukune Nabe, Udon Suki, and Tomato Nabe in a Single Nabe/つくね鍋とうどんすきとトマト鍋を一つの鍋で

Japanese Food

For supper tonight, I made what I would call a “dream nabe”. I mean, I wanted to have tomato nabe for supper, but I also wanted to have udon suki, and I also wanted to have tsukune (ground meat balls). I thought for a while, and hit upon a good idea: First make udon suki with tsukune, and then add some canned tomato to turn the udon suki into tomato nabe. I thought it was a fabulous idea, and I told my daughter about it. My daughter replied, rather dryly, “Anyone could think of that.”
今日の夕飯には、「夢の鍋」と言うべき鍋を作りました。夕飯にトマト鍋を作りたかったのですが、うどんすきも食べたいし、つくねも食べたいと思いました。しばらく考えて、いい考えが浮かびました。まずは、つくね入りのうどんすきを作って、それからトマトの缶詰を入れて、うどんすきをトマト鍋に変える、ということです。素晴らしい考えだと思って、娘に話すと、娘は、冷淡に「それは誰でも考えつくね」と答えてくれました。

I made six kinchaku (purses), also called takara bukuro (treasure bags), using these high-quality kiri mochi (rectangular, pre-cut rice cakes).
次の高品質の切り餅を使って、巾着(宝袋とも言う)を6個作りました。

The “I-wrap” bag contains frozen enoki. Enoki freezes very well. I used ground pork, not ground chicken, to make tsukune this time.
アイラップには冷凍えのきが入っています。えのきはよく冷凍が効きます。今回は、鶏の挽き肉ではなく、豚の挽き肉でつくねを作りました。

I first simmered daikon, carrot, and thick portions of Chinese cabbage, like I usually do.
まずは、いつもの通り、大根とニンジンと白菜の厚い部分を煮ました。

First, my family enjoyed having udon suki. The udon was frozen Sanuki udon.
まずは、うどんすきを味わいました。うどんは冷凍の讃岐うどんです。

Then, I declared that I would put one can of whole tomatoes.
そして、私はホールトマトを一缶入れると宣言しました。

My serving bowl:
私のお椀:

Needless to say, I was very satisfied with my “dream nabe”.
言うまでもなく、自分の「夢の鍋」にとても満足しました。

Edited to add: My daughter commented that she preferred chicken tsukune, and I agreed with her.
追記: 娘は鶏のつくねのほうがいいと言いましたが、私もそう思います。

Comments on Facebook