Udo Karaage, etc./ウドの唐揚げなど

Japanese Food
As part of supper last night, I made hash browns for the third time, using ten potatoes (almost 2 kg). I had to, because my children love them.
昨日の夕飯には、じゃがいもを10個(2 kg近く)使って、ハッシュポテトを作りました。これで3回目です。子供たちが好きなので、作らざるを得ません。

I had these udo leaves in the fridge.
冷蔵庫にウドの葉っぱを入れていました。

Photo taken after I cut the leaves into large pieces.
ざく切りしてから撮った写真です。

(The other day, we got some nice udo from my wife’s brother. My wife made udo kinpira, using the stems, and I had made udo tempura, using most of the stems and leaves. These leaves were leftovers.)

(先日、妻の兄からいいウドをもらいました。妻が茎を使ってウドのきんぴらを作り、私が茎と葉っぱを大半使ってウドの天ぷらを作り、そしてこれはその残りです。)

I first thought I would make kakiage using these leaves, but I changed my mind and decided to make something like udo karaage. I sprinkled some wheat flour.
最初はこの葉っぱでかき揚げを作ろうと思ったのですが、気が変わって、ウドの唐揚げのようなものを作ることにしました。小麦粉を少し振り掛けました。

I mixed them thoroughly. I later added some more flour to achieve a right texture.
よく混ぜました。後でもう少し小麦粉を足し、ちょうどいい硬さにしました。

I then deep-fried them at a low temperature of 160C until crisp.
それから、低温(160C)でカリカリになるまで揚げました。  

More like an appetizer for sake than an okazu for rice. Anyway, they tasted good.
ご飯のおかずと言うより、酒の肴みたいです。ともかく、美味しかったです。

My wife removed aku (harshness) from warabi, given to us from a relative.
妻は、親戚からもらったワラビ(わらび、蕨)の灰汁抜き(あくぬき)をしました。

Comments on Facebook