Ume Syrup and Ume Jam Making/梅シロップと梅ジャム作り

Japanese Food
Today, I received two boxes of ao (lit. blue, meaning unripe) ume (Japanese apricots or plums) from my father, who lives in Chiba prefecture. Almost 22 kg in total.
今日は、千葉に住む父から青梅を二箱もらいました。全部で22キロ近くです。
I rinsed them with water first.
まずは水洗いしました。  
Then, I removed the “heta” from each and every ume, using a bamboo skewer. The time-consuming part of ume syrup/ume jam making. While so doing, I always wonder if I can skip this step…
次に、竹串を使って、梅一つ一つからヘタを取りました。梅シロップ/梅ジャム作りで一番時間がかかる部分です。そうしながら、いつも、省略できないかなあ、と思います。
Because these ume are not store-bought, I have to divide them into three groups: those in good condition, suitable for ume syrup; those with bruises, which I use for ume jam; and those in bad condition, which I have to just throw away.
この梅は市販のものではないので、3つのグループに分ける必要があります: いい状態のもの(梅シロップ用);傷のあるもの(私は梅ジャムに使う);悪い状態のもの(私としては捨てるもの)。
Good ones:
いいやつ:
I rinsed them again, and drained.
再度洗ってから、水を切りました。
Ume for ume jam:
梅ジャム用の梅: 
I rinsed them again, and soaked them in water until use.
再度洗ってから、使うまで水に漬けました。 
Bad ones:
悪いやつ:
I just threw them away, feeling a little guilty.
ちょっと罪の意識を感じながら、捨てました。
I rinsed the glass jars, four of them in total, with water, and placed them upside down for a while to drain.
ガラス瓶(全部で4つ)は、水洗いして、水を切るため、しばらく逆さにしました。  
Then, I dried them. (I used them before they become completely dry.)
次に乾燥させました(完全に乾く前に使いました)。
A common step is to completely dry the inside and sterilize the inside with alcohol. I really don’t think this is necessary.
一般的な方法は、完全に内部を乾燥させ、内部をアルコールで消毒することです。私は必要だとは思いませんが。
Another common step is to dry each and every ume with clean cloth. I don’t think this is necessary, either.
また一般的な方法は梅一つ一つをきれいな布で拭くことですが、これも私は必要だとは思いません。
I first put 2 kg of the ume in a glass jar with a capacity of 8 liters.
まず、容量8リットルのガラス瓶に梅を2キロ入れました。 
Then, I added 1 kg of sugar, shiro zato, to be exact. Rock sugar is usually used to make ume syrup, but I don’t want to use it because it’s twice as expensive than shiro zato.
次に、砂糖(正確に言うと、白砂糖)を1キロ入れました。 梅シロップを作るには普通、氷砂糖を使いますが、値段が白砂糖の2倍もするので、私は使いたくないです。
I added another 1.5 kg of ume and then 0.5 kg of sugar.
梅を1.5キロ、それから砂糖を0.5キロ入れました。 
The ume to sugar ratio is 2 + 1.5 : 1 + 0.5 = 3.5:1.5 = 2.3:1. A common ratio is 1:1.
梅と砂糖の割合は2 + 1.5 : 1 + 0.5 = 3.5:1.5 = 2.3:1です。一般的な割合は1:1です。
After all, I used a total of 11.6 kg of the ume and 4.7 kg of sugar.
結局、全部で梅は11.6キロ、砂糖は4.7キロ使いました。
I put the 2.5 kg of ume in an enameled pot, turned on the gas,
梅2.5キロをホーロー鍋に入れ、火をつけ、 
 
 
and turned off the gas before the pot came to a boil.
沸騰する前に火を止めました。
Drained.
水を切りました。 
I put them back to the pot, added 390 g of sugar (about 15%), and mashed them over very low heat for 2 minute or so.
鍋に戻して、砂糖を390 g(約15%)入れ、ごく弱火で、2分程度潰しました。  
I let my wife taste it, and she said it was OK. A common ratio is 1:1, though.
妻に味見してもらうと、OKだと返事。一般的な割合は1:1ですが。  
I don’t bother to remove the seeds.
わざわざ種は取りません。
I still have 7 kg of ume left. I put 2.5 kg of them in the freezer and the remaining ones in the vegetable compartment of the fridge.
まだ梅は7キロも残っています。2.5キロは冷凍庫に入れ、残りは冷蔵庫の野菜室に入れました。

Comments on Facebook