Urabeni Hotei Shimeji/ウラベニホテイシメジ

Japanese Food
Last Sunday, a nephew of mine and his mother went to Nagaoka to attend a mushroom observation event. They were lucky enough to find urabeni hotei shimeji (Entoloma sarcopum). They were very generous, and gave some of them to my son.
この前の日曜日、甥(おい)が、そのお母さんと一緒に長岡に行き、きのこ観察会に参加しました。運よく、ウラベニホテイシメジを見つけました。気前のいいことに、私の息子に分けてくれました。

My son decided to boil them to remove the worms from them. Another common way is to soak them in dense salt water.
息子は茹でて虫を追い出すことにしました。もう一つの一般的な方法は、濃い塩水に漬けることです。

Boiled for 2-3 minutes.
2~3分茹でました。

WARNING:  Kusaura benitake (Entoloma rhodopolium), which is poisonous, looks very much like this mushroom.
警告: クサウラベ二タケという毒キノコがこのキノコによく似ています。
On the same day, I went mushroom hunting in mountains nearby and got some bunahari take (Mycoleptodonoides aitchisonii), among others.
同日、私は近くの山にきのこ狩りに行き、ブナハリタケなどを採りました。

 

We also boiled them to remove the worms.
それも茹でて虫を追い出しました。

The next day, at the request of my son, I stir-fried one half of each mushroom, together with some chicken thigh.
次の日、 息子のリクエストで、それぞれのきのこを半分を、鶏の胸肉と一緒に炒めました。

Also at the request of my son, I made clear soup with the other half of each mushrooms.
これも息子のリクエストですが、それぞれのきのこの、もう半分を使って、お澄ましを作りました。

My son liked them both very much, and said the stir-fry was very delicious. This is the seasoning I used to make the stir-fry:
息子は両方とも気に入ってくれました。きのこの炒め物が美味しかったそうです。この炒め物を作るのに使った調味料です。

Somi Shantan.
創味シャンタン。

This product used to be sold under the name of Weipa.
この製品は、味覇(ウェイパァー)という名前で販売されていました。

Comments on Facebook