Very Substantial Kitsune Udon/とても具沢山のきつねうどん

Japanese Food

For supper tonight, I made very substantial kitsune udon.
今日の夕飯には、とても具沢山のきつねうどんを作りました。

As you can see from the results of a Google image search for kitsune udon in Japanese, most kitsune udon is much less substantial.
きつねうどんのGoogleイメージ検索の結果から分かるよう、大抵のきつねうどんは具がずっと少ないです。

I must add some important notes about kitsune udon:
In Kanto (Eastern Japan), kitsune udon/soba means udon/soba with seasoned abura age in it, and tanuki udon/soba means udon/soba with tiny bits of deep-fried tempura batter (tenkasu or agedama) in it.
At least in Osaka in Kansai (Western Japan), kitsune means udon with seasoned abura age in it, and tanuki means soba with seasoned abura age. In Osaka, many udon shops serve tenkasu free of charge, and there can be no such things as tanuki udon.
きつねうどんに関して重要な注意事項があります。
関東では、きつねうどん/そばとは、味付けした油揚げの入ったうどん/そばのことで、たぬきうどん/そばとは、天カス(揚げ玉)が入ったうどん/そばのことです。
関西の少なくとも大阪では、きつねとは味付けした油揚げの入ったうどんのことで、たぬきとは味付けした油揚げの入ったそばのことです。大阪では、天カスを無料で置いているうどん屋が多く、たぬきうどんというものはありません。

To make things even more complicated, in Kyoto in Kansai (Western Japan), tanuki udon is udon with thinly sliced abura age and grated ginger in broth thickened with katakuriko (potato starch), as you can see from here.
さらに複雑なことに、ここで分かるように、関西の京都では、たぬきうどんとは、片栗粉でとろみをつけた汁に細かく切った油揚げと、おろした生姜が入ったうどんのことです。

In general, soba is preferred in Kanto, while udon is preferred in Kansai. There are, of course, personal preferences, though. Finally, the broth in Kanto is dark-colored due to the use of dark soy sauce (and dried bonito), while it is light-clored in Kansai because of the use of light soy sauce (and kombu).
一般的に、関西ではうどんが好まれ、関東ではそばが好まれます。もちろん、個人的な好みがありますが。最後に、関東の汁は、濃口しょう油(それに鰹節)を使っているので、色が濃いですが、関西の汁は、薄口しょう油(それに昆布)を使っているので、色が薄いです。

Comments on Facebook